働き方

【働くママの悩み】子供に仕事を辞めて!と言われ…ワーママ解決策とは?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

突然、子供から「仕事を辞めて」と言われた経験はありませんか?

 

泣きながら訴えられる。子育て女性にとって、かなりのショックで悩みますよね。

働くママ
働くママ
初めて仕事を辞めてと言われた時、娘の涙に私も泣きました。

 

保育園に預けるも、玄関で泣く姿をみて

  • 子供の涙で心が痛い
  • 働き方を見直すべきか
  • もっと傍にいてあげたい

会社へ向かう足取りが、とにかく重い・・・。

 

子供が小さいうちは一緒にいる方がいい?

しかし、子供とずっと一緒にいると自分がダメになると経験済み。

働くママ
働くママ
どんなことがあっても、自分らしい働き方で仕事を続けたい。

 

この記事では、子供から「仕事を辞めて」と言われた時の体験談を紹介します。

\ブログで分かること/

  • 朝に子供との時間を増やす
  • 保育園と協力して、子供と向き合う
  • 在宅ワークで働き方を変える
  • おすすめの転職サイト

子育てに正解はありません。私の体験談が、少しでも役に立つと嬉しいです。

【働くママの悩み】子供が仕事を辞めてと言われた

そもそも「どうして、仕事を辞めてほしいのか?」理由を確認しました。

【もっと遊びたい】朝に子供と過ごす時間

我が家の場合。

私が家に居てほしい理由は

  • 家や公園で自由に遊びたい
  • アニメやyoutubeを見たい
  • お母さんと一緒に遊びたい

まとめると「もっと遊びたい」。

 

子供と過ごせる時間は限られますが、少し増やせないか考え。

働くママ
働くママ
仕事の時間は変えられないので、朝に子供の時間を増やしました。

 

朝の子供時間

朝のスケジュールはこちら

  • 5:30 起床
  • 5:40 朝ごはん&出勤準備(自分)
  • 6:20 朝ごはん&着替え(子供)
  • 7:00 家を出発

朝7時に家を出て、公園へ。

保育園へ行く前に子供と遊ぶと、心が楽しい気持ちで満たされます。

 

また、子供に「早く準備しないと、公園で遊べないよー。」と声をかけると、張り切って準備してくれます。

子供と遊ぶ時間を増やすために、朝活がおすすめ。

 

【登園拒否】先生と協力する

娘が「仕事を辞めて」の理由は、保育園問題でした。

「どうして、保育園に行きたくないの?」と聞くと、悩みの理由が分かりました。

 

  • お昼寝をしたくない
  • うるさい友達が騒いで、眠れない。
  • 眠れないのに、布団に入るのが嫌。

保育園へ相談する前に、私が出来る事をやってみました。

 

少しでも、寝心地をよくするために。

新しい布団(寝心地の良い素材)を購入

好きなキャラクターの布団カバー

 

いろいろ試しましたが、効果なく。担任の先生へ相談しました。

 

先生
先生
他の子供達からも、眠れないと声が上がっているので、保育園で解決策を考えますね!

その後・・・

お昼寝の時に騒ぐ子供達は別室で寝ることとなり、お昼寝問題は解決。

 

些細なことでも、子供の話をしっかり聞くことで、落ち着くことが増えました。

働くママ
働くママ
どうしても無理って時は、保育園へ相談して、一緒に子供達を見守っていきたいです。

 

【働き方を見直す】今の仕事が辛いなら

フルタイム勤務で働いている時、どうしても保育園の利用時間が長くなります。

担任から一言。働き方を見直すきっかけ。

子供達は一番最初に保育園へ行き、一番最後に帰る生活。

朝7:30→保育園開始と同時に預ける

夜19:20→延長保育ギリギリにお迎え

 

保育園の個人面談。

先生
先生
お仕事大変なのは分かりますが、早いお迎えがあったらな~と思っています。
働くママ
働くママ
私も定時で帰りたいのですが、仕事が忙しくて。
先生
先生
毎日ではなく、たまにでいいんです。15分でも早くお迎えがあれば、子供達の気持ちは満たされますよ。

 

先生の言葉で、働き方を見直しました。

 

おすすめの働き方は、在宅ワーク。

周りのママの働き方をみると、「在宅ワーク」をしている人が多い。

同じフルタイム勤務でも、通勤時間が無い分、早くお迎えにいける。

 

\メリット/

  • 自宅で仕事が出来る(出社なし)
  • 家のPCやWi-Fiを利用することが多い
  • 電話やメール対応、PC作業など

家で仕事だと、通勤&休み時間に家事が出来る。

 

友人の「月に1回の出社」が羨ましく、私も憧れるようになりました。

フルタイムママ
フルタイムママ
今の生活に合った働き方、見つけていきましょう。

 

時短で働き方をセーブ。

そもそも、フルタイム勤務が無理。働く時間を減らすことも、考えてみましょう。

 

\仕事をセーブするため/

  • 時短勤務
  • 単調業務
  • 在宅ワーク
  • 残業少なめ

 

どんな働き方だと、この先仕事を続けられるか。

子供の成長や家庭状況に合わせて、キャリアを見直すのも手。

 

時短や残業少なめなど、働きやすい職場

私は以前、女性が少ない会社で働いており。

保育園の呼び出しで休みが多く、仕事を続けるのが大変でした。

 

\例えば/

  • 職場の女性の人数
  • 産休や育休の取得率
  • 時短勤務(何才まで可能か)
  • 子育て女性支援制度など

転職したい会社の情報を、会社のHPで確認するのは大事です。

 

求人票で情報が分からない時、転職サイトのスタッフさんに聞くのもOK。

入社してから、「思ってたのと違う…」と違和感を感じないよう。

フルタイムママ
フルタイムママ
気になる疑問は、応募前に確認しておきましょう。

 

次の仕事を探す時、転職サイトが便利

実際に転職を経験して、1人では内定を得られませんでした。

転職サイトに助けられたので、メリットを紹介しますね。

自分に合う求人を見つけやすい。

膨大な求人情報から、自分に合う会社を探すのは一苦労。

子どもを寝かしつけた後、フラフラの体でPCカタカタ…辛い。

 

\転職サイトを利用するメリット/

  • 希望条件を伝えて、求人探し。
  • 自分では見つけられない会社が知れる。
  • 職歴から合う会社を提案してくれる。

 

私は1人で検索するのに限界を感じ、担当者さんにお任せしました。

譲れない条件を伝え、週に1回チェック。

フルタイムママ
フルタイムママ
紹介された求人も、断ってOK。自分が働きたいかを大事にしました。

 

応募書類を作成するのが楽。

転職サイトを使わず、会社に直接応募した時。

\企業求人に直接応募/

  • 会社ごとに、応募書類のフォーマットが違う。
  • 担当者あてにメールで送信。
  • 返事が来てないか、受信ボックスを何度もチェック。

 

深夜に応募書類を作り、寝不足。1社ずつ対応するパワーない。

あまりにも書類作成が大変で、途中でリタイアしました…。

 

転職サイトの場合は、最初に「履歴書・職務経歴書」を入力しておけばOK。

フルタイムママ
フルタイムママ
添削サービスもあるので、活用できることは何でもしましょう。

 

企業との面接調整がスムーズ。

転職サイトを使うと、企業との調整も楽です。

職場で何度も休みは取りにくいので、効率よく転職活動をすすめたい。

 

\面接が決まるまで/

  • 面接可能な曜日、時間を伝えておく。
  • 企業と直接やりとりをしてくれる。
  • 面接候補日をもらう。
  • 面接日決定。

 

数社に応募していると、やり取りだけでも時間がかかる。

担当者さんが直接交渉してくれるので、面接候補日が決まるのを待つだけで楽。

 

フルタイムママ
フルタイムママ
同じ日に面接をまとめたい時は、事前に言っておくと配慮してもらえます。

 

【転職サイト】働くママにおすすめ

求人はどうやって探すのか?具体的な方法を紹介しますね。

【正社員】doda

長く働きたい「正社員」なら、業界大手のdodaがおすすめです。

実際に求人を探す時は、公式サイトへいき。

 

「詳しい条件で求人を検索」→「キーワード」の欄に。

  • 在宅
  • 完全在宅
  • リモート
  • フルリモート

希望条件を入れると、企業の求人が表示されます。

 

また、心に余裕がない時、紹介してもらう方法が楽。

dodaのスタッフさんに希望や勤務時間を伝え、良い求人があれば教えてもらいました。

 

1人で大変な採用活動。協力してもらえることは、頼みましょう。

\正社員求人をチェック/

dodaに登録

転職体験談
転職体験談
全て無料で利用できるので、登録しておいて損はないです

 

【時短正社員】リアルミーキャリア

正社員のまま「時短」で働きたい人にはリアルミーキャリアがおすすめ。

\特徴/

  • 求人は東京23区内、大阪市内がメイン
  • 時短(6~7時間)の正社員
  • 週5日勤務
  • 求人は個別に案内(検索機能はなし)

リアルミーキャリアの求人はエリアが限定されますが、通える人にはチャンス。

 

\利用の流れ/

  • 登録
  • アドバイザーと面談
  • 求人紹介
  • 内定サポート
  • 応募書類の添削、面接練習あり。

 

リアルミーキャリアのスタッフさんと二人三脚で、仕事を見つけます。

転職市場で時短求人は少ない。探してもらえるのは、助かる。

 

\時短正社員になりたい人は/

リアルミーキャリア

転職体験談
転職体験談
子育て中でも正社員のキャリアを積めます。利用は無料。

 

【派遣】リクルートスタッフィング

リモートワークの普及により、在宅勤務OKの派遣会社も増えました。

派遣で働くなら業界大手で在宅求人が多い、リクルートスタッフィングがおすすめ。

 

求人を探す時は、公式サイトへいき。

リクルートスタッフィング

 

「お仕事検索」→「こだわり条件」→「テレワーク」にチェックしてください。

在宅勤務ができる求人が表示されます。

 

リクルートスタッフィングで企業情報を見ることで

  • 勤務時間
  • 給与
  • 仕事内容
  • 最寄り駅など

働くイメージ、リアルに持てます。

 

困ったときは、何でも聞いてみることがおすすめ。

求人相談だけでもOK

リクルートスタッフィング

子育てママ
子育てママ
登録や利用は無料自分のエリアの求人を探しましょう。

 

【まとめ】子供に仕事を辞めてと言われたら。

働くママの悩みを、周りのアドバイスを元に紹介しました。

 

一生懸命働くも、子供から「会社に行かないで」と泣かれると。

  • 子供の涙で心が痛い
  • 働き方を見直すべきか
  • もっと傍にいてあげたい

このままでいいのかな?と罪悪感で落ち込みます。

 

しかし、子供と一緒に悲しんでも、何も変わりません。

働くママ
働くママ
子育てに正解はありません。子供と向き合い、少しでも悩みを減らしていこうと思います。

 

\我が家の解決策/

  • 朝に子供との時間を増やす
  • 保育園と協力して、子供の悩みと向き合う
  • 在宅ワークで働き方を変える

子供の悩みや先生からの助言で、親として少し成長できたと思います。

今のゆるい働き方に満足しています。

 

あなたが思う、理想の働き方とは?

早速、希望求人を探してみましょう。

ABOUT ME
きさらぎ
人事歴7年、1次面接官の経験から転職ノウハウを発信。正社員、契約社員、派遣社員を経験し、働き方を学ぶ。心に余裕のある暮らしを目指し「在宅ワークを中心」に働いてます。単身赴任&ワーママの悩みに向けて、体験談ブログを更新中!