ストレス

つわりで満員電車に乗れない。辛い通勤を乗り切る対策・体験談

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

妊娠中、つわりで満員電車に乗れない

辛い通勤を乗り越える「対策」を知りたい。

 

  • 満員電車に耐えられず、途中下車。
  • 周りの人に押されて、赤ちゃんが心配。
  • 車内の匂い&揺れで、気分が悪い。
妊婦体験談
妊婦体験談
いつも会社へ遅刻連絡を入れて、精神的にも辛い。仕事続けられるか不安でした。

 

終わりの見えない通勤の悩み…。もう無理かも。

会社に通えず、退職する妊婦さんが増え、自分のキャリアを考えさせられました。

 

当時いろいろ悩んだ結果、

「出産後、保育園に入れなかったら無職。今は頑張って働こう。」

と働き続けると決めて、満員電車対策を考えました。

 

\ブログで紹介していること/

妊娠のつわりで苦しんでいる人へ、少しでも参考になると嬉しいです。

【体験談】つわりで満員電車に乗れない。辛い日々で心が折れる。

妊娠中、通勤で避けられない問題。私の体験談を紹介します。

つわりの症状は想像以上に大変。

妊娠中の体調の変化は個人差があり、周りの症状はバラバラ。

友人
友人
つわり?全くなかった!妊娠前と変わらず元気。
友人
友人
つわりは出産前まで続いて、地獄。ご飯たべれなくて、すごい体重減った。

 

\実際に体験した症状/

  • 朝起きると吐き気がする
  • 匂いに敏感になる
  • 立ち眩みを起こしやすい
  • すぐに疲れる
妊婦体験談
妊婦体験談
ちょっとした移動も大変。休日は引きこもり生活。

 

平日仕事、休日寝たきり…何も楽しいことがない妊娠生活。

終わりの見えないつわりに、何度も心が折れました。

 

 

満員電車に乗れない。遅刻ばかりで、会社辛い。

妊娠前から、都内へ1時間通勤をしていました。

\出社の問題/

  • 車内で2駅も立っていられず、ダウン。
  • そのまま、途中下車。
  • ベンチで休んで、乗れそうな車両を待つ。
  • 結局乗れず、会社に遅刻。
妊婦体験談
妊婦体験談
妊娠すると通勤できないなんて、想定外の辛さ。しんどい。

 

毎日の遅刻ばかりだと、仕事が続けられない。

先輩ママ、ネット、本を読み漁り、解決策を考えました。

 

 

【つわりの電車対策】今からできる方法で辛い時間を乗り越える。

実際に私が体験したことを、紹介しますね。

マスクで匂い対策をしっかりする。

つわりがひどい時、匂いが敏感になります。

 

家でもマスクをしないと、吐き気が止まらない生活。

電車でも、マスクをつけて、辛い時間を乗り越えます。

 

また、マスクは種類が多いので、自分なりのベストを見つけるのがおすすめ。

  • 匂いの防ぎやすさ
  • つけ心地
  • 違和感を感じないかなど

 

妊娠中、マスク生活が長い。

自分に合った物を見つけられると、1日が過ごしやすいです。

 

 

自分が落ち着く香りがあれば、持参する。

個人差がありますが、自分が落ち着くアロマに出会えることも。

 

妊娠中、「柑橘系」のアロマが体に合っており、グレープフルーツやオレンジの香りに救われました。

 

自分が落ち着く香りがある場合。

  • ハンカチ(アロマを付けた)を鞄に準備。
  • 気分が悪くなると、ハンカチで口を押さえる。
  • 落ち着いたら、しまう。

 

好きな香りで、一時的に体調不良を押さえられることも。

妊婦体験談
妊婦体験談
電車に乗れない対策の1つとして、試してみるのもありです。

 

 

鞄は2個持ちで、両サイドをブロック。

満員車両では、急に周りから押されることも多々。

ダイレクトにぶつかられて、危険を感じたこともあります。

 

そんな時の対策として。

  • 大きいトートバッグを2つ準備。
  • バッグにはタオルを入れて、クッションの役割。
  • 両肩にかけて、周りからブロック。

 

こんな姿で、通勤していました。

つわり中、重い荷物は疲れる。中身はタオルや袋で持ち運びしやすく。

 

イメージは盾を2つ持った、勇者。

辛い満員電車を乗り越えるため、自分でできる装備は作りました。

 

ダメ元でも、優先席前で待機。

妊娠中、辛い通勤を乗り越えるためには、座る事が大事。

座れる可能性がある「優先席」をおすすめします。

 

しかし、満員電車の優先席では。

  • 寝ている人
  • スマホ片手に周りを見ない人など

マタニティマークをつけても、席を譲られることは2、3回程度。(朝の通勤時間)

 

妊婦だからといって、特別優先されることは少ないです。

妊婦体験談
妊婦体験談
それでも、座るチャンスがある。ダメ元でも、狙ってみるのがおすすめ。

 

狙いは女性専用車両。

もし、通勤電車に女性専用車があれば、乗ってみるのも手。

女性ばかりなので、個人的には過ごしやすいです。

 

\乗るときの対策/

  • 香水が強い人は避ける
  • 気分が悪くなったら、途中下車。
  • 混雑しすぎている時は、見送る。

 

たまに香水がとても強い人に遭遇します。

マスクをしても、急に気持ち悪くなることも。

 

このまま乗れないと感じたら、悩まず途中下車しましょう。

水分補給やベンチで座り、身体を落ち着かせるのが大切。

 

グリーン車があるなら、検討する。

友人は満員電車に乗れないことから、グリーン車通勤をしていました。

(私の通勤ルートでは、グリーン車が無かった。)

 

\利用について/

  • つわりが辛い時期だけ
  • 朝の通勤のみ

往復だと料金が高いので、朝だけ。

 

会社からはグリーン車費用は出ないので、全て自腹。

しかし、電車に乗れず遅刻が続くのは限界。

働き続けるためには、必要経費と割り切り、頑張りました。

 

私も遅刻が続いた日は、会社で働き辛く。周りの目が気になりました。

いつかは終わると信じ。大変な時に利用できるなら、グリーン車もおすすめ。

 

つわりで満員電車に乗れない時、とにかく朝早い便

いろいろ試した所、最後にたどり着いたのは「とにかく座って通勤」。

【出社】朝6時30分前の電車は座りやすい。

朝起きたらすぐに身支度を済ませ、駅へ。

私の最寄り駅の場合、朝6時半前の車両は少し空席がありました。

 

\通勤ラッシュを避けると/

  • 人が少なく、快適。
  • 座って会社に行ける。
妊婦体験談
妊婦体験談
椅子に座れると、つわりも落ち着きます。途中下車せずに会社へついた日は感動。

 

混雑状況は駅により異なる。朝早く駅へ行って、車両観察がおすすめ。

 

\観察して分かった例/

  • 女性専用車は混んでいる
  • 乗り換えに便利な号車は人が多い
  • 先頭車両など、遠い場所は人が少なめ
  • 優先席は空きが出やすい

 

「人生でこんなに電車調査をすることはあるのか」レベルで観察。

〇時前の×号車に乗る」と決めて、座れる席を探していました。

 

最初は大変ですが「満員&途中下車&つわり辛い日々」を回避するため、ぜひやってみてください。

 

【退社】帰宅ラッシュを避けて、夕食を先に済ませる。

定時退社後の帰宅ラッシュ。これも、満員電車です。

みんなが早く帰りたく、人が溢れています…。

 

朝の通勤と同じく、満員車両には乗れないので、先に夕飯を済ませていました。

\退社後の流れ/

  • つわりでも食べられる店で夕食
  • 読書で時間をつぶし
  • 20時台の便で帰宅

 

これも路線によりますが、20時以降は帰宅ラッシュに比べると空いています。

優先席を狙い、座れる電車にのり帰宅しました。

 

【つわり対策】妊娠中におすすめサービス、働き方。

仕事の通勤が大変で、土日は寝たきり…という妊婦さんも多いはず。

買い物は宅配サービスに甘える。

そこで、買い出しは「宅配サービス」に全てお任せが便利。

\平日の夕飯は/

  • 週5で宅配(ヨシケイ)を利用
  • 面倒な時はレンジ調理のみのセット。
  • カット野菜で15分で夕食完了

子供が大きくなった今も、続けて宅配サービスを利用しています。

 

ヨシケイは「玄関前への置き配や宅配ボックス配送」ができるので、直接受け取らずに便利。

ヨシケイ「プチママ」の口コミとは?お試し内容を徹底解説4

 

自分では作らない献立が多く、1日毎に変更可能。メニューにより異なりますが、1食500円ほど。

ヨシケイ「プチママ」の口コミとは?お試し内容を徹底解説1

 

割高ですが、献立を決める&スーパーへの買い出しを考えると、納得価格。

\お試しコースをチェック/

食材宅配のヨシケイ

妊婦体験談
妊婦体験談
お試し期間は半額で利用できるので、お得です。

 

困ったときは「冷凍弁当」

疲れすぎて、フライパンを出すのは無理。レンジでチン!で終わらせたい。

 

そんな時は、冷凍弁当にお任せしましょう。

何を頼むか迷ったら、値段がお手頃な【ワタミの宅食ダイレクト】がおすすめ。



\お試しプランの流れ/

  • プランを選ぶ
  • おかず3品:3,900円(10食)+送料
  • おかず5品:4,880円(10食)+送料
  • 注文完了

10食も冷凍庫にあると、困った時に温めるだけで便利。

 

\公式サイトをチェック/

【ワタミの宅食ダイレクト】

妊婦体験談
妊婦体験談
お試しは1食500円以下で、お得。

 

家事代行サービスを頼む

仕事で疲れて、家に帰ったら何もできない。すぐ、寝たい。

こんな時は、家事代行が便利です。

\頼めること/

  • 掃除、洗濯
  • 料理の作り置き
  • 部屋の整理整頓など

 

友人は週に1回利用し、掃除と料理をお願いしています。

帰宅後、「手作り料理をレンジでチン、完成」って楽すぎ。

 

家事代行を利用したい時は、1500円~頼める【タスカジ】がおすすめ。



\利用できるエリア/

  • 東京、神奈川、埼玉、千葉
  • 大阪、京都、兵庫、奈良、滋賀
  • 秋田、福岡

金額が手ごろなので、利用できる地域の人は助かる。

 

\詳細は公式サイトへ/

【タスカジ】

妊婦体験談
妊婦体験談
家事の時間を減らし、自分時間を増やしましょう。

 

【働き方を考える】つわりの満員電車がつらい時

今の働き方がしんどい時、仕事を見直すのも手。

【在宅ワーク】働く場所は自宅

通勤が大変な人におすすめな仕事は「在宅ワーク」です。

\在宅ワークとは/

  • 自宅で仕事が出来る(出社なし)
  • 家のWi-Fiを利用することが多い
  • 電話やメール対応、PC作業など

家で働くことができれば、仕事と家庭を両立しやすい。

 

今は私もテレワークで働けてますが、本当に助かってます。

妊婦体験談
妊婦体験談
子どもの体調不良の時、仕事を休むことなく働けるのは有難い。

 

 

【時短勤務】最初は短時間で働きたい

フルタイムが辛すぎて、しんどい。

そんな時は、短時間勤務がおすすめです

 

\時短の場合/

  • 仕事と家庭が両立しやすい
  • 空き時間を活用できる
  • 仕事量が丁度良い

自分のペースに合った働き方ができます。

 

今は時短の求人も増えているので、選択肢が広い。

「何時間なら働ける?」と具体的にイメージしましょう。

 

【働き方】在宅ワーク・時短求人を見つける求人サイト

実際に求人はどうやって探すのか?具体的な方法を紹介しますね。

【時短正社員】リアルミーキャリア

正社員のまま「時短」で働きたい人にはリアルミーキャリアがおすすめ。

\特徴/

  • 求人は東京23区内、大阪市内がメイン
  • 時短(6~7時間)の正社員
  • 週5日勤務
  • 求人は個別に案内(検索機能はなし)

リアルミーキャリアの求人はエリアが限定されますが、通える人にはチャンス。

 

\利用の流れ/

  • 登録
  • アドバイザーと面談
  • 求人紹介
  • 内定サポート
  • 応募書類の添削、面接練習あり。

 

リアルミーキャリアのスタッフさんと二人三脚で、仕事を見つけます。

転職市場で時短求人は少ない。探してもらえるのは、助かる。

 

\時短正社員になりたい人は/

リアルミーキャリア

転職体験談
転職体験談
子育て中でも正社員のキャリアを積めます。利用は無料。

 

【正社員】doda

長く働きたい「正社員」なら、業界大手のdodaがおすすめです。

実際に求人を探す時は、公式サイトへいき。

 

「詳しい条件で求人を検索」→「キーワード」の欄に。

  • 在宅
  • 完全在宅
  • リモート
  • フルリモート

希望条件を入れると、企業の求人が表示されます。

 

また、つわりで大変な時、紹介してもらう方法が楽。

dodaのスタッフさんに希望や勤務時間を伝え、良い求人があれば教えてもらいました。

 

1人で大変な採用活動。協力してもらえることは、頼みましょう。

\正社員求人をチェック/

dodaに登録

転職体験談
転職体験談
全て無料で利用できるので、登録しておいて損はないです

 

【派遣】リクルートスタッフィング

リモートワークの普及により、在宅勤務OKの派遣会社も増えました。

派遣で働くなら業界大手で在宅求人が多い、リクルートスタッフィングがおすすめ。

 

求人を探す時は、公式サイトへいき。

リクルートスタッフィング

 

「お仕事検索」→「こだわり条件」→「テレワーク」にチェックしてください。

在宅勤務ができる求人が表示されます。

 

リクルートスタッフィングで企業情報を見ることで

  • 勤務時間
  • 給与
  • 仕事内容
  • 最寄り駅など

働くイメージ、リアルに持てます。

 

困ったときは、何でも聞いてみることがおすすめ。

求人相談だけでもOK

リクルートスタッフィング

転職体験談
転職体験談
登録や利用は無料自分のエリアの求人を探しましょう。

 

【まとめ】つわりで電車に乗れない。辛い妊娠中の対策

妊娠すると自分の体がこんなに変わるの?と驚くほど、心身共にダメージを受けました。

 

電車を乗り越えるために

  • マスクで匂いをブロック
  • 好きな香りを持参
  • 鞄は2個持ち
  • 優先席前で待機
  • 女性専用車を利用する

今からできることを、試してみます。

 

\辛い日を乗り越えるために/

  • 朝早く電車に乗り、席を確保。
  • 食事は宅配サービスに甘える。
  • 働き方を検討する。
妊婦体験談
妊婦体験談
自分の体を大切にして、できることを始めてみましょう。

 

今は、週に2~3回のテレワークをしています。

週5出社に比べて、日々の負担が一気に減りました。

子育てと仕事が両立しやすいのが助かってます。

 

\働き方を変えたいと思ったら/

  • どんな職種の仕事をしたい
  • フルタイム、時短?
  • 一部在宅ワーク、完全在宅?

自分の希望条件を書き出してみると、知らなかった自分に出会えます。

 

あなたが思う、理想の働き方とは?

早速、希望求人を探してみましょう。

ABOUT ME
きさらぎ
人事歴7年、1次面接官の経験から転職ノウハウを発信。正社員、契約社員、派遣社員を経験し、働き方を学ぶ。心に余裕のある暮らしを目指し「在宅ワークを中心」に働いてます。単身赴任&ワーママの悩みに向けて、体験談ブログを更新中!