派遣で働く

派遣から直接雇用へ!体験談から切り替えのタイミング・給与の変化を紹介

派遣から直接雇用へブログ

友人が派遣から直接雇用(契約社員)になりました。

友達
友達
3年働いたから、念願の契約社員になれたよー!
子育てママ
子育てママ
3年間、頑張ってよかったね!おめでとう~!

 

派遣社員から契約社員になった友人に

  • 直接雇用のメリット、デメリットは?
  • 給与や福利厚生は良くなった?
  • どうやって雇用変更になったの?

気になることを聞きました。

 

\給与や福利厚生の変化/

  • 有給が増えた(毎年20日)
  • 時給から月給へ
  • 賞与がもらえた

働く企業の就業規則や給与体制になり、働く女性に嬉しい変化♪

この記事では、派遣から直接雇用になり「給与や業務の変化」についてきさらぎ(@kisaragi_biyori)が詳しく紹介します!

 

派遣から直接雇用になるメリット

契約社員になると、勤務先の就業規則が当てはまります。今回、友人は契約社員になったので、契約社員の就業規則が適用されました。

子育てママ
子育てママ
話を進める際、必ず就業規則を確認しましょう。

 

直接雇用で有給が増え、特別休暇が利用できる場合がある。

友達
友達
契約社員になって、1番良かったことは有給!
子育てママ
子育てママ
派遣社員の時もあったけど、違うの?
友達
友達
4月1日に20日もらえた!多くて嬉しい!

 

有給や特別休暇がもらえるようになる!

派遣社員も、もちろん有給休暇はあります。

会社ごとに大きな違いはなく、法定通りがほとんど。(6カ月働くと10日の有給付与)

 

派遣から直接雇用になると勤務先の就業規則が当てはまり、前より福利厚生が良くなることが多いです。

例えば・・・

  • 有給は毎年20日付与
  • 慶弔休暇付与
  • 特別休暇付与

これだけ休みがあれば、有給が減ることを怯えず、安心して働けます

子育てママ
子育てママ
確かに、インパクトが強いメリットです。

 

直接雇用で月給制に。賞与が支払われる場合がある。

派遣社員は時給制です。働いた分だけ、給与をもらう流れです。

 

直接雇用になると、時給から月給制になることが多いです。(友人も月給制)

月給制なので、月の変動がなく、大型連休に怯えずに生きていけます。

 

子育てママ
子育てママ
月給制だと、前より給与増えた?
友達
友達
月の給与は派遣からは減った。でも、賞与がもらえるから年収はアップしたよ。

\給与の変化例/

  • 時給から月給へ
  • 賞与支給される
  • 昇級がある

元々、派遣社員の給与は高いので、「同じ給与で契約社員へ」ということは無いです。

月給が下がり、年収も下がるなら、直接雇用のメリットはないです。

しかし、賞与が支給されて年収がアップすることがあります!

子育てママ
子育てママ
契約書をしっかりと読み、給与について確認しましょう!

 

契約更新が1年毎に。5年働くと無期雇用になるチャンスが発生。

友達
友達
契約社員では1年更新になったよ。5年働くと、無期雇用のチャンスもある!
子育てママ
子育てママ
将来の安定が違うね!

派遣社員は3ヶ月や6カ月更新が多いです。

契約社員は1年更新。契約期限が伸びました。

 

直接雇用の契約更新は、職場の上司と1対1で、自分で対応をします。

子育てママ
子育てママ
契約更新の際は、しっかり内容を確認しましょう!

 

また、契約社員(有期雇用)は5年働くと、無期雇用を希望することができます。

詳しくは厚生労働省の下記ページで説明されています!

参考:厚生労働省 無期転換ポータルサイト

子育てママ
子育てママ
派遣から直接雇用になれて、その後も働けるって素敵です!

 

派遣から直接雇用になるデメリット

実際に契約社員になって分かる、デメリットについて紹介します。

派遣会社の支援がなくなり、問題は一人で解決する。

友達
友達
前は何かあったら、担当者に相談できた。今は全て自分で解決だから、ちょっと大変。
子育てママ
子育てママ
なるほど。誰かに相談できる環境って恵まれていたんだね。

 

派遣で就業中は、担当者より電話が入ります。

  • 業務で困っていることはありますか?
  • 現在どんなお仕事をしていますか?
  • 職場の皆さんはどうですか?
子育てママ
子育てママ
初めての派遣で働く時、1ヶ月後面談があり、担当者が会いに来てくれました。

会社のサポートが無くなるのは寂しいですが、困っていることがあれば上司や話しやすい人に相談しましょう。

 

派遣から直接雇用になり、仕事の量が増えることがある。

友達
友達
契約社員になって、部署の飲み会やイベント費、回収係になった。
子育てママ
子育てママ
なにそれ?面倒くさいね。
友達
友達
前は、お金のやり取りは無かったのに、契約社員になったら雑用が増えた。

 

派遣社員は契約内容にある業務を行います。

直接雇用は明確な仕事の線引きが曖昧で、業務の幅が増えるようです。

友人のように、「会費回収係」を与えられたら、やるしかないのが現実です。

 

しかし、あまりにも業務とかけ離れた仕事を依頼された場合は、周りの人に相談しましょう。

会社には「社員相談窓口」がありますので、匿名で相談することもできます。

 

会社のイベント・飲み会に呼ばれることが増える。

友達
友達
契約社員になって、会社のイベント案内が届く。休日にボーリング大会とか行きたくない。
子育てママ
子育てママ
えー!休みの日は勘弁してほしいね。仕事じゃん。

 

アットホームな会社では、社員の親睦のために定期的に社内行事があります。

派遣から直接雇用になったことから、イベントへの参加案内が届くようです。

 

友人の場合、全て参加しないのも気が引けるので、イベントの初回のみ参加したようです。

ただ、現在はコロナ対策で社内イベント自粛中。

友達
友達
社内のイベントが減って、今は特に困ってないな!

 

派遣から直接雇用へ「契約変更」の流れ。

重要なポイントは、働いてる企業が「雇用変更の実績がある会社」かどうかです。

応募時に「雇用変更の実績」を担当者に聞いてみる。

派遣先企業により、取り扱いの違いがあります。

  • 直接雇用をしない会社
  • 3年働くと直接雇用(契約社員or正社員)にする会社

会社の実績は、応募時に担当者へ聞くと教えてくれます。

実際、企業の顔合わせの際

担当者
担当者
顔合わせの企業ですが、当社スタッフが多く働いています。3年働いて契約社員になった実績もありますよ!
子育てママ
子育てママ
契約社員の実績があると、魅力的ですね!

 

派遣先企業に実績がない場合、直接雇用になれる可能性は低いです。

実績が無いところから、社内の制度を改定して・・・は難しいです。

 

派遣から直接雇用を目指すなら、

実績がある会社に応募

紹介予定派遣に応募

この2種類です。

 

\紹介予定派遣とは/

試用期間は派遣社員として働き、お互いOKの場合、直接雇用になります。

詳細はこちら→紹介予定派遣で働く

 

2年半働いたころ、上司より今後の相談があった。

友人の会社の場合、派遣社員が3年働くと直接雇用(契約社員)が、当たり前のように行われていました。

会社で働いて2年半経過後

上司
上司
○○さん、契約社員登用は希望する?
友達
友達
はい、興味あります!
上司
上司
ありがとう。具体的な処遇について改めて提示するね。

 

その後、具体的に直接雇用の条件が提示されます。

  • 給与や福利厚生
  • 雇用形態
  • 業務内容

自分にとってメリットにならない場合は、断ることもできます

 

直接雇用を受諾後、入社準備(入社書類や健康診断の提出など)を進めていきます。

友達
友達
上司に履歴書を出すとき、ちょっと恥ずかしかった。
子育てママ
子育てママ
今まで個人情報、渡してないもんね。契約社員、おめでとう!

 

【まとめ】派遣から直接雇用で働く方法!登録している会社

派遣社員から契約社員の切り替えについて、いかがでしたか?

直接雇用にはメリットとデメリットがあります。

自分がどんな働き方をしたいのかが一番大切だと思います。

「ずっと働きたいと思った会社」から雇用変更の話が出たら、前向きに検討しましょう。

 

最後に、派遣をまとめると・・・

  • 応募から就業決定までが早い
  • 最長3年の期間限定のお仕事
  • 残業なし求人が多い
  • 実は時給が高い

応募がしやすく、短期から長期まで仕事の幅広いです。

そして、求人は2週間後から働けるなど、タイムリーです。実際に応募後、3週間で仕事を開始したことがあります。

 

また、時給が高いことも魅力です。

都内の事務職では1,600円以上の求人をよく見かけます。お金を貯めて、何に使おう♪と夢が広がります。

子育てママ
子育てママ
実際に使っている派遣会社を紹介します。

大手派遣会社のテンプスタッフ!

テンプスタッフはとにかく派遣登録が簡単です。


テンプスタッフ
求人数が多く、派遣で働きたいなら登録して損はないです!

 

大手で働く!マイナビスタッフ


【マイナビスタッフ】

他社では珍しい、大学や学校事務求人があります。福利厚生も充実して嬉しい!

 

\派遣から直接雇用が気になる人/

早速いま、求人を見てみませんか?

ABOUT ME
きさらぎ
転職5回!「自分らしい働き方」をモットーに、在宅ワークを中心に働いています。ブラック企業、転勤族、2人の子育て、コロナ失業・・・。盛りだくさんな体験談から、リアル情報をブログで発信中。