派遣社員

派遣から直接雇用(契約社員)へ!給与や待遇の変化を紹介

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

友人が派遣から直接雇用(契約社員)になりました。

友達
友達
3年働いた派遣先から、念願の契約社員になれたよー。

 

友人の体験談から

  • 直接雇用のメリット、デメリット
  • 給与や福利厚生は良くなったか
  • どうやって雇用変更になったか

気になることを聞きました。実体験は参考になる。

 

\直接雇用になってから/

  • 有給が増えた
  • 時給から月給へ
  • 賞与がもらえた

働く企業の就業規則や給与体制になり、大きな変化。

おすすめ転職サイトも紹介しているので、ぜひチェックしてくださいね。

 

きさらぎ
きさらぎ
派遣社員から直接雇用を考えている人へ、少しでも参考になると嬉しいです。

【メリット】派遣先から直接雇用(契約社員)の変化

契約社員になると、勤務先の就業規則が当てはまります。

話を進める際、必ず内容を確認しましょう。

有給が増え、特別休暇が利用できる場合がある

友達
友達
契約社員になって、1番良かったことは有給!

 

有給や特別休暇がもらえるようになる

派遣社員も、もちろん有給休暇はあります。

会社ごとに大きな違いはなく、法定通りがほとんど。(6カ月働くと10日の有給付与)

 

派遣から直接雇用になると勤務先の就業規則が当てはまり、前より福利厚生が良くなることが多いです。

例えば・・・

  • 有給は毎年20日付与
  • 慶弔休暇付与
  • 特別休暇付与

これだけ休みがあれば、有給が減ることを怯えず、安心して働けます

子育てママ
子育てママ
休みってインパクトが強いメリット。多いに越したことはない。

 

月給制で毎月給与が減る。しかし、賞与支給の場合も。

派遣社員は時給制です。働いた分だけ、給与をもらう流れです。

 

直接雇用になると、時給から月給制になることが多いです。(友人も月給制)

月給制なので、月の変動がなく、大型連休に怯えずに生きていけます。

 

子育てママ
子育てママ
月給制だと、前より給与増えた?
友達
友達
給与は減ったよ。辛い。でも、賞与がもらえるから年収はアップ。

\給与の変化例/

  • 時給から月給へ
  • 賞与支給される
  • 昇級がある

元々、派遣社員の給与は高いので、「同じ給与で契約社員へ」ということは少ないです。

 

月給が下がり、年収も下がるなら、直接雇用のメリットはないです。

しかし、賞与が支給されて年収がアップすることがあります。

子育てママ
子育てママ
契約書をしっかりと読み、年収がどう変わるのか。しっかり確認しましょう。

 

契約更新が1年毎に。5年働くと無期雇用になるチャンス。

友達
友達
派遣先の契約社員では1年更新になったよ。5年働くと、無期雇用のチャンスがある。

 

派遣社員は3ヶ月や6ヵ月更新が多いです。

私も派遣時代、「次はちゃんと更新される?定期6ヵ月分、買うか迷う。」と不安はありました。

 

友人が契約社員になり、1年更新へ。働ける期間が長くなり、安心。

少し先ですが、5回目契約更新後の1年間、無期雇用を希望することができます。

参考:厚生労働省 無期転換ポータルサイト

子育てママ
子育てママ
派遣から直接雇用になれて、その後も働けるって素敵です。

 

【デメリット】派遣から直接雇用(契約社員)の変化

実際に社員になって初めて分かる、デメリットについて紹介します。

派遣会社の支援がなくなる。

友達
友達
前は何かあったら、担当者に相談できた。今は全て自分で解決だから、ちょっと大変。

誰かに相談できる環境があるのは、大きいです。

 

派遣で就業中は、担当者より電話が入ります。

  • 業務で困っていることはありますか?
  • 現在どんなお仕事をしていますか?
  • 職場の皆さんはどうですか?
子育てママ
子育てママ
初めての派遣で働く時、1ヶ月後面談があり、担当者が会いに来てくれました。

会社のサポートが無くなるのは寂しいです。

 

しかし、困っていることをそのまま放置はストレスが大きい。

いきなり上司や会社の人へは無理の場合、自治体の相談窓口があります。

 

私は昔、子育てで悩んだ時、自治体の電話相談を受けました。

アドバイスというか、話を聞いてもらうだけで肩の荷が下りてスッキリ。

きさらぎ
きさらぎ
周りに相談できない時は、電話相談がおすすめです。

 

仕事の量が増えることがある。

友達
友達
契約社員になって、部署の飲み会やイベント費、回収係になった。

 

派遣社員は契約内容にある業務を行います。

直接雇用は明確な仕事の線引きが曖昧で、業務の幅が増えるようです。

友人のように、「会費回収係」を与えられたら、やるしかないのが現実です。

 

しかし、あまりにも業務とかけ離れた仕事を依頼された場合は、注意。

会社には「社員相談窓口」がありますので、匿名で相談することもできます。

 

会社のイベント・飲み会に呼ばれることが増える。

友達
友達
派遣先で契約社員になって、会社のイベント案内が届く。休日にボーリング大会とか行きたくない。
子育てママ
子育てママ
えー!休みの日は勘弁してほしいね。仕事じゃん。

 

アットホームな会社では、社員の親睦のために定期的に社内行事があります。

派遣から直接雇用になったことから、イベントへの参加案内が届くようです。

 

友人の場合…

  • まずは初回のイベントに参加
  • 楽しかったら次回も参加
  • 辛かったら次回は欠席

様子が分からないので、1回は行く。

参加してみて「辛い」と感じたら、都合をつけて休んでいます。

 

雇用が変わったからといって、嫌なことを続けなくてOK。

きさらぎ
きさらぎ
自分のペースで会社のイベントと関わっていきましょう。

 

派遣から直接雇用になるには?「契約変更」の流れ。

「派遣社員で働いていたら、誰でも直接雇用になれるの?」

重要なポイントは、働いてる企業が「雇用変更の実績がある会社」かどうかです。

応募時に「雇用変更の実績」を担当者に確認。

派遣先企業により、取り扱いの違いがあります。

  • 雇用切り替えをしない会社
  • 3年働くと直接雇用(契約社員or正社員)にする会社

会社の実績は、応募時に担当者へ聞くと教えてくれます。

 

実際、企業の顔合わせの際

担当者
担当者
顔合わせの企業ですが、当社スタッフが多く働いています。3年働いて契約社員になった実績もあります。

派遣先企業に実績がない場合、社員になれる可能性は低いです。

実績が無いところから、社内の制度を改定して・・・は難しいです。

 

派遣から直接雇用を目指すなら、

実績がある会社に応募

紹介予定派遣に応募

この2種類です。

紹介予定派遣については、これから紹介しますね。

 

紹介予定派遣に応募する。

「派遣期間は短くして、早く直接採用されたい。」

こんな人には、紹介予定派遣がおすすめです。

私も紹介予定派遣で直接雇用(契約社員)になった経験があります。

 

\紹介予定派遣とは/

  • 最初は派遣社員として働く。
  • 双方の合意で直接雇用へ。
  • 採用試験はしっかりある(適性検査・面接等)

紹介予定派遣で一番大変なのは、採用試験。

 

派遣は「顔合わせのみで働ける手軽さ」が魅力なのに、試験が多いと辛い。

普通の転職活動と変わらないことも。

 

\紹介予定派遣のメリット/

  • 正社員や契約社員になれるチャンス
  • 会社の福利厚生を利用できる
  • 派遣期間で辞めることもOK(直接雇用を希望しない)

福利厚生や給与など、派遣には無かったメリットが多いです。

求人に応募する際、切り替わった後の処遇を要チェックしておきましょう。

 

派遣で2年半働いた頃、上司より今後の相談があった。

友人の派遣先会社の場合、派遣社員が3年働くと直接雇用(契約社員)が、当たり前のように行われていました。

 

会社で働いて2年半…

上司
上司
○○さん、契約社員登用は希望する?
友達
友達
はい、興味あります。
上司
上司
ありがとう。具体的な処遇について改めて提示するね。

 

その後、具体的に直接雇用の条件が提示されます。

  • 給与や福利厚生
  • 雇用形態
  • 業務内容

自分にとってメリットにならない場合は、断ることもできます

 

受諾後、入社準備(入社書類や健康診断の提出など)を進めます。

友達
友達
上司に履歴書を出すとき、ちょっと恥ずかしかった。
子育てママ
子育てママ
今まで個人情報、渡してないもんね。契約社員、おめでとう。

 

【転職サイトを活用】時間がない人に便利

実際に転職を経験して、1人では内定を得られませんでした。

転職サイトに助けられたので、メリットを紹介しますね。

自分に合う求人を見つけやすい。

膨大な求人情報から、自分に合う会社を探すのも一苦労。

子どもを寝かしつけた後、フラフラの体でPCカタカタ…辛い。

 

\転職サイトを利用するメリット/

  • 希望条件を伝えて、求人探し。
  • 自分では見つけられない会社が知れる。
  • 職歴から合う会社を提案してくれる。

 

私は1人で検索するのに限界を感じ、担当者さんにお任せしました。

子育てと両立するため、譲れない条件を伝え、週に1回チェック。

子育てママ
子育てママ
紹介された求人も、断ってOK。自分が働きたいかを大事にしました。

 

応募書類を作成するのが楽。

転職サイトを使わず、会社に直接応募した時。

\企業求人に直接応募/

  • 会社ごとに、応募書類のフォーマットが違う。
  • 担当者あてにメールで送信。
  • 返事が来てないか、受信ボックスを何度もチェック。

 

深夜に応募書類を作り、寝不足。1社ずつ対応するパワーない。

あまりにも書類作成が大変で、途中でリタイアしました…。

 

転職サイトの場合は、最初に「履歴書・職務経歴書」を入力しておけばOK。

子育てママ
子育てママ
添削サービスもあるので、活用できることは何でもしましょう。

 

企業との面接調整がスムーズ。

転職サイトを使うと、企業との調整も楽です。

職場で何度も休みは取りにくいので、効率よく転職活動をすすめたい。

 

\面接が決まるまで/

  • 面接可能な曜日、時間を伝えておく。
  • 企業と直接やりとりをしてくれる。
  • 面接候補日をもらう。
  • 面接日決定。

 

数社に応募していると、やり取りだけでも時間がかかる。

担当者さんが直接交渉してくれるので、面接候補日が決まるのを待つだけで楽。

 

子育てママ
子育てママ
同じ日に面接をまとめたい時は、事前に言っておくと配慮してもらえます。

 

【正社員・契約社員】おすすめの転職会社

実際に求人はどうやって探すのか?具体的な方法を紹介しますね。

【正社員】doda

長く働きたい「正社員」なら、業界大手のdodaがおすすめです。

在宅ワークだったら、通勤時間を活用できて助かる。

 

実際に求人を探す時は、公式サイトへいき。

 

「詳しい条件で求人を検索」→「キーワード」の欄に。

  • 在宅
  • 完全在宅
  • リモート
  • フルリモート

希望条件を入れると、企業の求人が表示されます。

 

また、心に余裕が無いとき、紹介してもらう方法が楽。

dodaのスタッフさんに希望や勤務時間を伝え、良い求人があれば教えてもらいました。

 

1人で大変な採用活動。協力してもらえることは、頼みましょう。

\正社員求人をチェック/

dodaに登録

転職体験談
転職体験談
全て無料で利用できるので、登録しておいて損はないです

 

【時短正社員】リアルミーキャリア

正社員のまま「時短」で働きたい人にはリアルミーキャリアがおすすめ。

\特徴/

  • 求人は東京23区内、大阪市内がメイン
  • 時短(6~7時間)の正社員
  • 週5日勤務
  • 求人は個別に案内(検索機能はなし)

リアルミーキャリアの求人はエリアが限定されますが、通える人にはチャンス。

 

\利用の流れ/

  • 登録
  • アドバイザーと面談
  • 求人紹介
  • 内定サポート
  • 応募書類の添削、面接練習あり。

 

リアルミーキャリアのスタッフさんと二人三脚で、仕事を見つけます。

転職市場で時短求人は少ない。探してもらえるのは、助かる。

 

\時短正社員になりたい人は/

リアルミーキャリア

転職体験談
転職体験談
子育て中でも正社員のキャリアを積めます。利用は無料。

 

【紹介予定派遣】リクルートスタッフィング

業界大手で紹介予定派遣求人があり、働く選択肢が広がります。

派遣先で直接雇用を見据えた求人に応募できます。

 

実際に求人を探す時は、公式サイトへいき。

リクルートスタッフィング

 

「お仕事検索」→「雇用形態」→「紹介予定派遣」にチェックしてください。

直接雇用に切り替われる求人が表示されます。

 

リクルートスタッフィングで企業情報を見ることで

  • 勤務時間
  • 給与
  • 仕事内容
  • 最寄り駅など

働くイメージ、リアルに持てます。

 

困ったときは、何でも聞いてみることがおすすめ。

求人相談だけでもOK

リクルートスタッフィング

転職体験談
転職体験談
登録や利用は無料自分のエリアの求人を探しましょう。

 

【まとめ】派遣先で直接雇用(契約社員)へなった変化

派遣社員から契約社員の切り替えについて、いかがでしたか?

直接雇用にはメリットとデメリットがあります。

 

「自分がどんな働き方をしたいのか」が一番大切。

「ずっと働きたいと思った会社」から雇用変更の話が出たら、前向きに検討しましょう。

 

最後に、派遣をまとめると

  • 応募から就業決定までが早い
  • 最長3年の期間限定のお仕事
  • 残業少なめ

 

応募がしやすく、短期から長期まで仕事の幅広いです。

求人へは何度も応募できるので、自分に合う会社をゆっくり見つければいい。

 

また、派遣から直接雇用になると、さらに働き方が変わります。

\今の働き方は/

  • 働く期限に悩むことがない
  • 在宅ワーク中心で一人で仕事
  • 通勤時間を活用し、家事ができた。

派遣社員時代と比べ、心に余裕が出来ました。

子どもが小学生になり、さらに有難みを実感しています。

 

あなたが思う、理想の働き方とは?

早速、希望求人を探してみましょう。

ABOUT ME
きさらぎ
人事歴7年、1次面接官の経験から転職ノウハウを発信。正社員、契約社員、派遣社員を経験し、働き方を学ぶ。心に余裕のある暮らしを目指し「在宅ワークを中心」に働いてます。単身赴任&ワーママの悩みに向けて、体験談ブログを更新中!