仕事と両立

イヤイヤ期っていつまで続くの?ワーママが大切にする3つの方法

イヤイヤ期っていつまで続くの?ワーママが大切にする3つの方法

子供のイヤイヤ期はいつまで続く?

1歳半から始まったイヤイヤ期、5歳でも終わりません(泣)

 

\子育ての悩み/

  • 保育園の送迎にぐずり、会社に遅刻。
  • イヤイヤ期が終わらず、耐えられない。
  • 子供に怒ってばかりの自分が嫌。
ワーママ体験談
ワーママ体験談
子供のイヤイヤ期が続き、耐えられない。いつまで続くかゴールが見えない。

 

友人に相談しても

友達
友達
イヤイヤ期ってどんな状態?うちの子は静かで、大変なこと無い。
友達
友達
娘に怒ることないな~。早く仕事終わらせて、娘に会いたい♪

 

・・・イヤイヤ期の個人差がありすぎる。

穏やかな日々っていつあった?毎日イライラしすぎて、お腹痛い。

育児ノイローゼになりそうなので、育児書を読みまくり、自分なりに解決策を見つけました。

 

この記事はいつまでもイヤイヤ期が終わらない体験から、ワーママの負担が少しでも減る解決策を紹介します。

\3つの大事なこと/

  • 「子供は自分と違う人格」と認める
  • 時間に余裕を持つタイムスケジュール
  • 根本的に働き方を見直す
ワーママ体験談
ワーママ体験談
イヤイヤ期が辛い人に向けて、少しでも参考になると嬉しいです。

【いつまでも続くイヤイヤ期】ワーママに大切な3つのこと

5歳になってもイヤイヤ期が終わらない…。

道で暴れる子供をなだめながら、仕事に向かう日々にも限界。

図書館で育児書をまとめて借りて、家で研究をはじめました。

 

(1)「子供は自分とは違う別の人格」と認める

いろんな育児書によく書いてある言葉。

自分と子供は対等であり、上下関係はない。だから命令口調はダメ。

言葉では分かるが、毎日の生活を見直すと・・・。

 

\子供に怒ってしまう日々/

  • 毎日着替えたくないと暴れる。
  • 「保育園イヤ」と泣いて動かない。
  • 会社に遅刻するほど、ゆっくりと歩く。
ワーママ体験談
ワーママ体験談
自分だったらこんな事しないのに、なんで…?いつまで続くの。

自分の思い通りにならないことに、ストレスを感じ。

子供を1人の人間(別の人格)として、見ていなかったことに反省しました。

 

\根本的な考え方を変えて/

  • 子供は自分の分身ではない
  • 自分とは違う1人の人間と認める
  • こんな子供がいてもOK

子供に怒るのではなく、ありのままを一旦受け止める。

自分と比べず「面白い子供だなぁ」と受け入れるようにしました。

 

\自分とは違うポイントを楽しむ/

  • 今日はここが怒りポイントかぁ
  • 何言っても怒るから、静かにしよう。
  • 少しずつ歩くペース早められるかな

ゆるく考えながら生活しています。

イラっときても、深呼吸して感情をぶつけないよう注意!

ワーママ体験談
ワーママ体験談
子供も私も穏やかに過ごせる日を目指して、明日も頑張ろう。

 

(2)子供のイヤイヤ期を想定して、タイムスケジュールを見直す。

家から保育園まで歩いて15分。

15分で間に合うはずなのに、イヤイヤ期が爆発して30分以上かかることも…。

 

子供の送迎に時間がかかり…

  • 会社に遅刻して、みんなに謝罪。
  • 時間が無く、些細なことでイライラ。
  • いつまでも続くイヤイヤ期に泣

朝から会社に迷惑をかけて、1日ブルー。

ワーママ体験談
ワーママ体験談
「子育てと仕事両立できてない」と自分を責めてしまう。

 

タイムスケジュールを変更

  • 朝は30分以上前に家を出る
  • イヤイヤの原因を減らす(体験から回避)
  • 夕食は宅配で時短

大人サイドで変えられることは、じゃんじゃん試します。

 

改善できることは何かを自分側で考えると、子供のイヤイヤ期に集中せず、イイ感じです。

ワーママ体験談
ワーママ体験談
トライ&エラーを繰り返し、心地よい生活を探してみませんか?

 

 

(3)根本的に働き方を見直す。

フルタイム&週5出社の時代、イヤイヤ期のぐずりで何度も遅刻しました。

出社に1時間かかるので、朝早く家を出ても電車に乗るリミットが短い。

 

何度も遅刻連絡を入れると心がすり減り…

ワーママ体験談
ワーママ体験談
このまま仕事辞めさせられたら…。いつまでも思うように働けなく、会社で居場所がない。

 

そんな時、友達が在宅ワークで働いていて、日常を詳しく聞きました。

\毎日のスケジュール/

  • 通勤時間を利用して、ゆっくり登園。
  • 在宅ワーク
  • 休憩(家事を終わらせる)
  • 在宅ワーク
  • 仕事が終わり次第、お迎え。

通勤時間がない分、イヤイヤ期の子供がぐずっても、仕事に支障が少ない。

羨ましい…><

 

子育てをしていく上で「在宅ワーク」はママに嬉しい働き方。

ワーママ体験談
ワーママ体験談
その後、在宅ワークに憧れ、転職。思い切って働き方を見直して良かった。

\在宅ワークの生活になり/

  • 朝のイヤイヤ期のぐずりに怯えない
  • 昼休憩に家事ができる。
  • 送迎時間=自分時間が嬉しい

今は週2~3の在宅勤務。出社は大変ですが、在宅がある分気持ちが楽です。

 

やっぱり完全在宅ワークが良い。フルリモートの求人をチェックしています。

\在宅ワーク求人をチェック/


DODAへ登録

全て無料で利用できるので、登録しておいて損はないです!

今の働き方が苦しく、モヤモヤが消えないなら思い切って変えるのも手。

 

ワーママが働き方を見直す方法【いつまでも続くイヤイヤ期対策】

ワーママ体験談
ワーママ体験談
いざ転職したい!と活動を始める時、仕事を辞める必要はありません。

仕事を辞めると収入0&保育園退園になるので、働きながらコツコツ活動がおすすめです。

 

(1)転職で譲れない条件を見つける。

ワーママが転職したい時、1番大切な軸を決めます。

「今の仕事の嫌な部分」の逆を考えると、整理しやすいです。

例えば・・・

  • サービス残業が辛い→サービス残業が無い会社
  • 営業ノルマが辛い→ノルマの無い事務職
  • いつまでもイヤイヤ期が辛い→時短や在宅ワーク
ワーママ体験談
ワーママ体験談
これだけは譲れないという希望条件を決めると、本当に転職したい会社が見えます。

 

転職したい会社かどうか、募集要項や会社のHPを見てみましょう。

実際に働いている先輩社員の声」は必ずチェックしてほしいです。

 

働きながらワーママ転職で気になる「女性にとって働きやすい会社か?」

女性社員の声がかなり役立ちます。

 

社員の声の内容によっては、志望動機に活かすことが出来るので、企業研究になります。

履歴書・職務経歴書の書き方、も参考にしてくださいね。

 

(2)経歴の棚卸し。自分の強みを確認する。

ワーママ体験談
ワーママ体験談
自分の履歴書を作りながら「どんな仕事を希望するのか」を考えていきます。
  • 今の仕事は好きだけど、働き方を変えたい。
  • そもそも今の仕事が無理。

希望する仕事によって、志望動機を考えていきます。

 

例えば私は「人事部or総務部」勤務が長く、内勤の仕事ばかり。

仕事内容は好きですが「在宅ワークがしたい」と正直に面接で伝えました。

 

\面接で聞かれたこと/

  • なぜ事務仕事を続けたいのか?
  • なぜ在宅ワーク?

この2点はよく聞かれました。

 

質問に対し、具体的な体験談をもとに「なぜ転職したいのか」伝えます。

  • 事務仕事で良かったエピソード(1~2個)
  • 子育てのために在宅ワークがしたい

面接官と自分の考えが合わないと不合格になりますが、気持ちを切り替えチャレンジ。

ワーママ体験談
ワーママ体験談
諦めずに応募し続けた結果、一部在宅ワークの会社に転職成功しました。

 

(3)具体的な転職サイトの使い方

いつまでも続くイヤイヤ期に助かる働き方を、改めて紹介します。

\在宅ワークとは/

  • 自宅で仕事が出来る
  • 家のPCやWi-Fiを利用することが多い
  • 電話やメール対応、PC作業など
ワーママ体験談
ワーママ体験談
家で仕事だと、通勤&休み時間に家事が出来て、本当に助かります。

 

転職サイトの求人検索画面で「在宅」と入力すると、実際の求人が見られます。

例えばDODAの場合は、フリーワード検索にて「在宅勤務」と検索すると、求人一覧が表示されます。

 

フリーワード検索で在宅ワーク求人が表示された後

「希望勤務地、条件」を追加して、最後には希望求人が残ります。

 

しかし、在宅のお仕事は人気で、求人がすぐ終了することも。

実際に、翌日応募しようと思った求人が終了。

 

そんな時、転職サイトから紹介してもらう方法が便利。

ワーママ体験談
ワーママ体験談
希望求人を逃さないため、頼れるサービスは全て使います。1人で探す負担を軽減!

\あなたの理想求人をチェック/DODAへ登録

全て無料で利用できるので、登録しておいて損はないです!

 

【まとめ】いつまでも続くイヤイヤ期。ワーママが今からできること。

毎日の子育てに限界を迎え、子供とのかかわり方を見直しました。

育児書を参考に、自分らしい生き方を考え。

\3つの大事なこと/

  • 「子供は自分と違う人格」と認める
  • 時間に余裕を持つタイムスケジュール
  • 根本的に働き方を見直す

自分は自分、子供は子供」と切り離して考えることが、1番難しかったです。

イヤイヤ期も個性の1つと受け入れるようになり、イライラが大分減りました。

 

一人で悩みを抱え込まず、辛い時は無理といって自分を労う!

ワーママ体験談
ワーママ体験談
私はディズニーやサンリオが癒しなので、次の来園日を目標に今を乗り越えています。

 

また、今の働き方をいつまでも続けるのは無理…。と思ったら、思い切って転職活動を始めるのもおすすめです。

ブラック企業の経験から、心を擦り減らして働くのは地獄です。

最高の職場は無いけど、嫌な仕事をずっと我慢する必要はありません。

 

今の働き方は

  • 一部在宅ワークで黙々と仕事
  • 職場の人間関係に悩まされにくい
  • 通勤時間を活用し、家事ができた。
ワーママ体験談
ワーママ体験談
出社時と比べ、心に余裕が出来ました。次は完全在宅ワークの会社へ入りたい。

これからも「自分の好きな働き方」で楽しく生きたいと思います。

 

あなたが思う、理想の働き方とは?

早速、希望求人を探してみましょう。

  •  求人検索&サポート→DODA
ABOUT ME
きさらぎ
人事歴7年、1次面接官の経験から転職ノウハウを発信。正社員、契約、派遣をそれぞれ経験し、働き方を学ぶ。心に余裕のある暮らしを目指し「在宅ワークを中心」に働いてます。ワーママの悩みに向けて、体験談ブログを更新中!