時間の有効活用

【会社の昼休み】ワーママが一人になりたい時の対策を紹介します

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

会社の昼休み、一人になりたい…。どうすれば?

 

\休憩時間の悩み/

  • 外食が続き、お金が無い。
  • 職場の人とずっと一緒で、休まらない。
  • 仕事のオン、オフの切り替えができない。
  • 会話するネタがない。

職場の女子とのランチにストレスが。

 

「パスタじゃなくて、ラーメンが食べたい。」

「寝不足で仮眠したい。」

小さなモヤモヤが積み重なり…一人行動を決意しました。

 

そして、ランチ会を脱退し「おひとり時間」を満喫するように。

\ブログで分かる事/

  • 一人になりたい時の対策
  • 会社のランチ会を脱退した体験談
  • 昼休みの過ごし方
  • 家事時短サービス
ワーママ体験談
ワーママ体験談
休憩時間が休めないと悩んでいるへ、少しでも役立つと嬉しいです。

【方法】会社の昼休みに一人になりたいワーママ体験談

私がひとり時間を確保するため、気を付けている3つを紹介します。

12時に席から離れる

昼休みを自由に使うためには、職場から離れる必要があります。

\昼休み流れ/

  • 11時50分ごろから、一人時間の準備。
  • 12時にエレベーターへ。
  • 目的の場所へ向かう。

時計をみて、12時になった瞬間に席を離れます。

 

「いつも昼にいない人」イメージが定着すると、ランチのお誘いが無くなり。

ワーママ体験談
ワーママ体験談
誰にも気兼ねなく、ひとり時間を楽しめるようになりました。

 

昼食を買っておく(外食しない場合)

限られた昼休みを有効活用するために、出社前に予定を決めておきます。

 

そして、「今日は外食しない」と決めたら。

  • 夕飯が残ってたらお弁当。
  • 余裕が無ければ、コンビニ。

何かしら食事を用意して、出社します。

 

せっかく12時ダッシュをしても、ご飯を買うのに時間がかかると勿体ない…。

ワーママ体験談
ワーママ体験談
職場で食べるときは、必ず持参がおすすめです。

 

休憩スペースは早めに確保。なければ自席で。

もし、会社に休める場所がある場合、休憩室でお弁当を食べています。

 

\休憩室での過ごし方/

  • スマホは見ずに、食べることに集中。
  • 目標は10分以内に食べる。

一人だけなので、最短で食べることを意識しています。

 

休憩室が無い会社の場合、自席で食べていました。

\自席の過ごし方/

  • 12時になると、コンビニの袋を広げる。
  • 目標は5分以内に食べる。

早く外に出たいので、簡単に食べられる「おにぎり・サンドイッチ」ばかり。

 

最初は一人で食べるのが寂しい…?と迷いました。

しかし、周りはそもそも気にせず。一緒に食べようとは言われない。

ワーママ体験談
ワーママ体験談
自分の好きなように生きる方が大事。今の生き方が好きです。

 

【会社の昼休み】ランチグループから脱退した流れ

職場の暗黙のルールで、「みんな一緒にランチ」はありますよね。

最初は断れずに、ランチ会に参加。

私も入社当初、部署のランチルールに従い、外出。

\会社の昼休みは/

  • 毎回1,000円以上の出費。
  • 周りの好みでお店が決定。
  • 緊張感が取れず、気持ちが休まらない。
  • 毎回会話するネタがない

お洒落なパスタとか、食べたくない…。

昼休みは会社のことを忘れて、一人になりたい。

 

ワーママ体験談
ワーママ体験談
このままだとダメ、ランチ会を脱退する決意をしました。

 

ランチ会への参加を徐々に減らす。

「みんな一緒に」から、すぐに脱退できないので、参加する頻度を減らします。

 

\単独行動をする理由/

  • 銀行にいく
  • 子どもの定規を買いに行く
  • 大学の友達とランチへ

何か予定を決めて「今日はやめておきます…。」とやんわり断ります。

 

毎回一緒にランチ会→たまに参加する人

少しずつ距離を広げて、様子を見ました。

 

休憩前に出かける準備をして、12時ダッシュ。

ランチ会への参加が減って1か月。

そろそろ大丈夫と思ったら、単独行動にします。

 

\ランチ会を脱退して/

  • 一人でいるのが好きなタイプと思われる。
  • 仕事に支障は出なかった。
  • プライベートについて、聞かれなくなる。

 

昼休みに職場の人と会話がないので、周りの情報はGETできません。

しかし、仕事がきちんとできればOKなので、問題なし。

ワーママブログ
ワーママブログ
一人でいる理由は聞かれないので、適度な距離感が良いです。

 

【昼休みの過ごし方】会社で一人になりたいワーママの方法5選

せっかく誰とも一緒じゃない自由時間。好きなことを始めましょう。

一人ランチで好きな食べ物を満喫。

せっかくだから、ゆっくりと美味しいものを食べたい。

そんな時は「ひとりランチが」おすすめです。

 

自分だけだと。

  • 席が確保しやすい。
  • 気になる店に行ける。
  • 職場の会話をしなくて良い。

食事に集中でき、料理を楽しめます。

 

暖かい日はテラス席のあるカフェへ。

新線な空気を吸い込み、自由な時間を満喫できます。

ワーママ体験談
ワーママ体験談
料理を写真に取り、後から見直すのが楽しみ。1人でお店開拓。

 

銀行や郵便局への手続き。

小学校関係の支払いや手続きがある時、昼休みの時間を活用しています。

 

みんな一緒にランチ会に参加していた頃、一人だけ早くランチを食べ終え、銀行へダッシュ。

午後の仕事に遅れないように、バタバタでした…。

 

しかし、今では。

  • 銀行での手続き
  • 郵便局で郵送関係
  • 提出書類印刷など

12時ダッシュで銀行へ行くと、窓口が空いてます。

手続きが終わってから、一人ランチをします。

 

やらなきゃいけないことが昼に片付くと、気持ちが楽。

ワーママ体験談
ワーママ体験談
誰にも気兼ねせずに、やりたいことを終わらせます。

 

自分や子供の買い物を終わらせる。

子供が小学生になり、学校への持ち物が一気に増えました。

 

\例えば/

  • 適当な大きさの布やビーズ。
  • 包装紙やおりがみ。
  • 空き箱。

「家にあるやつで大丈夫です」と言われるが、そんな物はない。

 

100均や手芸屋へ行き、必要な物を買いだします。

仕事が終わってから行くと、夕飯が遅くなる。やっぱり、昼が便利。

 

そして、子供の買い物と一緒に、自分の欲しいものもチェックします。

「コースター可愛い。会社で使おう。」

「このお菓子美味しそう。職場で食べよう。」

ワーママ体験談
ワーママ体験談
買い物って何才になっても楽しい。気分転換におすすめです。

 

図書館や本屋を探検する。

「仕事のストレス発散」には読書がおすすめです。

一人で別世界に入り込め、現実逃避できるのが魅力的。

 

会社によっては、図書館が近くにあることも。

昼休みは人が少なく、ガラガラ。のんびりと一人で本の世界を楽しめます。

 

また、目的もなく本屋探検もおすすめの過ごし方。

  • 最近のランキングや
  • 店員さんのイチオシ
  • 特集関係

図書館には無い本が多いので、宝物探しで楽しい。

ワーママ体験談
ワーママ体験談
気になった本は購入して、帰りの電車で読んでいます。

 

寝不足解消に昼寝をする。

子供が赤ちゃん時代、しょっちゅう昼寝していました。

夜泣きでまとまった睡眠ができず、寝不足。

 

1分でも長く休めるよう。

  • 12時ダッシュで、休憩室へ。(出来るだけ目立たない場所)
  • 10分で昼ごはんを食べる
  • アラームをかけて、睡眠。
  • 12時50分に起きて、職場へ戻る。

30分ほど寝ると、頭がすっきり。かなり回復します。

 

手が疲れるので、フェイスタオルを丸めて、枕代わりに。

ワーママ体験談
ワーママ体験談
昼の仮眠のおかげで、1日乗り越えられていました。

 

【家事時短】忙しいママが頼れるサービス

毎日が忙しすぎて、時間がない。

頼れるサービスを知っておくと便利です。

食事は「宅配サービス」に甘える

子どもを連れて毎日スーパーは大変。

ここは必要経費と割り切り、宅配サービスに甘えました。

 

子どもが小学生になっても、「ヨシケイの宅配サービス」を利用しました。

\夜ご飯の流れ/

  • 冷凍ご飯をチン
  • 15分で夕食完成
  • デザートはセルフ(アイスかヨーグルト)

カット野菜は炒めるだけで、2品できあがり便利です。

ヨシケイ「プチママ」の口コミとは?お試し内容を徹底解説1

 

ヨシケイのお金は1人500円ほど。割高ですが、ワンオペ育児には助かってます。

\お試しコースをチェック/

食材宅配のヨシケイ

ワーママ体験談
ワーママ体験談
お試し期間は半額で利用できるので、お得です。

 

困ったときは「冷凍弁当」

疲れすぎて、フライパンを出すのは無理。レンジでチン!で終わらせたい。

 

そんな時は、冷凍弁当にお任せしましょう。

何を頼むか迷ったら、値段がお手頃な【ワタミの宅食ダイレクト】がおすすめ。



\お試しプランの流れ/

  • プランを選ぶ
  • おかず3品:3,900円(10食)+送料
  • おかず5品:4,880円(10食)+送料
  • 注文完了

10食も冷凍庫にあると、困った時に温めるだけで便利。

 

\公式サイトをチェック/

【ワタミの宅食ダイレクト】

ワーママ体験談
ワーママ体験談
お試しは1食500円以下で、お得。

 

家事代行サービスを頼む

仕事で疲れて、家に帰ったら一人で何もできない。すぐ、寝たい。

こんな時は、家事代行が便利です。

\頼めること/

  • 掃除、洗濯
  • 料理の作り置き
  • 部屋の整理整頓など

 

友人は週に1回利用し、掃除と料理をお願いしています。

帰宅後、「手作り料理をレンジでチン、完成」って楽すぎ。

 

家事代行を利用したい時は、1500円~頼める【タスカジ】がおすすめ。



\利用できるエリア/

  • 東京、神奈川、埼玉、千葉
  • 大阪、京都、兵庫、奈良、滋賀
  • 秋田、福岡

値段が手ごろなので、利用できる地域の人は助かる。

 

\詳細は公式サイトへ/

【タスカジ】

ワーママ体験談
ワーママ体験談
 家事の時間を減らし、自分時間を増やしましょう。

 

週に1回のリフレッシュを入れて、心を整える。

職場の昼休み以外でも、自分の時間がほしい。

ストレス発散には「ヨガや筋トレ」が良いと聞き、日常に取り入れました。

 

\週に1回のスケジュール/

  • ヨガ→教室に通う
  • 筋トレ→家でYouTube

私の場合、ヨガは対面で教えてもらう方が集中。誰かと一緒が合ってました。

筋トレは「家で好きな時にやる」のが楽。

 

少しでも「今」に集中すると、日頃のストレスから解放される感覚が。

週に1回のリフレッシュで、心を落ち着かせています。

 

働き方を見直す

子育て、家事、食事、仕事で大変な毎日。

ワーママ体験談
ワーママ体験談
私は在宅ワークのおかげで、1日を乗り越えています。

 

\在宅ワークとは/

  • 自宅で仕事が出来る(出社なし)
  • 家のPCやWi-Fiを利用することが多い
  • 電話やメール対応、PC作業など

家で仕事だと、通勤&休み時間に家事が出来る。子どもの保育園が休みの時も助かる。

 

転職活動中、友人が在宅ワークで働いているのを知り、衝撃。

「月に1回の出社」が羨ましく、私も憧れるようになりました。

 

今の生活が辛いとき、働き方を見つめ直すのも手。

 

【まとめ】昼休みに会社で一人になりたいワーママの方法

職場ランチ会を脱退し「おひとり時間」を満喫した体験談を紹介しました。

\過ごし方/

  • 一人でのんびりランチ
  • 銀行や郵便局
  • 買い物(自分や子供)
  • 図書館や本屋
  • 昼寝をする

 

周りの顔色を伺いながら、必死で会話をする日々とおさらば。

完全に一人ランチを過ごしていますが、仕事で困ることは特になく。

 

「昼休みはひとり」と思われても問題なし。自分が楽に生きられるのがベスト。

きさらぎ
きさらぎ
昼は自由に過ごしたい人へ、何か参考になれば嬉しいです。

\ブログで紹介したこと/

 

 

ブログでは「女性の転職」をテーマに、記事を更新しています。

 

\ワーママの転職/

子どもの成長に合わせ「理想の働き方」を考えています。

新しいキャリアに興味がある人、ぜひチェックしてくださいね。

ABOUT ME
きさらぎ
人事歴7年、1次面接官の経験から転職ノウハウを発信。正社員、契約社員、派遣社員を経験し、働き方を学ぶ。心に余裕のある暮らしを目指し「在宅ワークを中心」に働いてます。単身赴任&ワーママの悩みに向けて、体験談ブログを更新中!