働き方

出産後の仕事探しはいつから始める?2児ワーママが働き方を紹介

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

出産後の仕事探しは、いつから始める?

 

  • 働きたいけど、タイミングが分からない。
  • 何から始めればいい?
  • どうやって仕事を見つけるか知りたい。

出産後に働こうと思った時、ママ友がおらず。近所の情報が分かりませんでした。

 

その後、ダメ元で履歴書を作り、求人へ応募。何回も不合格を経験し、なんとか内定。

今は2人の子育てをしながら、フルタイムで働いています。

 

\ブログで分かること/

出産後体験談
出産後体験談
今から働きたい女性に向けて、何かきっかけになると嬉しいです。

【出産後】いつから仕事を探すか年齢別に紹介

年齢別に、これから探すポイントを紹介しますね。

【0歳~】子供が0歳から探す

子どもが小さい場合、仕事探しと同時に、保育園を見つけることが大事。

 

\仕事探しでは/

  • 保活を同時に進める
  • 残業が少ない求人
  • 時短やパート時間も検討
  • 土日休み

 

保育園探しが大変ですが、見つかれば安定して働けます。

また、0歳児は保育園からの呼び出しが多いので、職場の雰囲気も大事。

 

出産後体験談
出産後体験談
面接の際には、子どもがいることを伝え、急な休みについて話しておくのがおすすめ。

 

【2,3歳~】子どもが幼稚園に入園してから探す

幼稚園に入園したタイミングで、短時間で仕事を始める人も多いです

 

\仕事探しでは/

  • 幼稚園を預けている時間を活用
  • 園からの呼び出しが少ない
  • 空き時間で働ける
  • 仕事と家庭の両立がしやすい

 

子どもの預け先が確保できているので、仕事探しがしやすい。

働ける時間や職場の様子から、求人に応募できます。

 

出産後体験談
出産後体験談
幼稚園によっては、延長保育や長期休暇中の対応もあるので、確認してみましょう。

 

【6,7歳~】子どもが小学校に入学してから探す

いよいよ小学生になりました。働ける時間が、一気に増えるタイミングです。

 

\仕事探しでは/

  • 子どもの預け先問題が解決
  • ママの自由時間が増える
  • 子どもの送迎が必要ない
  • 学童を利用すると、長期休みも働ける。

 

フルタイムで働きたい場合、学童を利用するのがおすすめ。

入学する小学校近くで、預け先を探しましょう。

 

学童によっては、保護者運営の施設もあるので、入所前には要チェック。

 

【未就学児の場合】子どもの預け先を確保しよう。

子どもが小さい場合、保育園探しも同時に始めます。

自治体の保育園情報を集め、申請をする。

まずは、住んでいる地域の保育園手引きを取り寄せましょう。

施設の空き状況や詳細は自治体のページで調べられます。

「〇〇区/〇〇市 認可保育園 空き状況」で検索

 

利用案内を熟読し、自分が入園できる施設を探します。

自治体では保活相談会があるので、気になることは質問しましょう。

 

\相談会では/

  • 激戦区と穴場なエリア
  • 認可園内定の点数について
  • 新設園の情報
  • 認可外施設の情報
出産後体験談
出産後体験談
案内書では分からなかった、リアルな情報が手に入ります。

 

必要な書類をまとめ、希望施設の申請を終わらせましょう。

 

働いていなくても、保育園の利用はできる。

手引きには、就業中以外の利用方法も書かれています。

 

\保育施設を利用できる例/

  • 就業中
  • 妊娠、出産
  • 疾病
  • 介護、看護
  • 求職活動
  • 就学など

今、働いていない人も、申請するチャンスがあります。

 

幼稚園を利用していた友人が、働きたくて保育園申請をしたこともありました。

出産後体験談
出産後体験談
こんな理由で保育園入れない?」と気になったら、自治体へ相談しましょう。

 

一時保育も考えてみる

もし、保育園に入れない時は、一時保育を検討しましょう。

 

子どもが小さい時、育児が大変。頼れる場所があると安心。

\一時保育の例/

  • 1時間:1,000円(入会金別)
  • 利用制限:限度なし
  • 利用方法:空き情報を確認し、ネット予約。

事前に登録や申込みがあるので、預ける前は余裕をもってくださいね

 

 

ファミリーサポートを利用する

近所の家庭で子どもを預けられる「ファミリーサポート」。

子どものお迎えに間に合わない曜日など、困ったときに助けてもらえます。

詳細は自治体のページで調べられます。

「〇〇区/〇〇市 ファミリーサポート」で検索。

 

\利用登録の流れ/

  • 制度の説明を受ける
  • 住所確認(運転免許証や住民票など)
  • 必要書類に記入など

約1時間ほど、窓口で手続きをして完了。

 

その後、利用希望を提出し、預かってくれる人を探します。

何かあったときに頼める場所があるのは、助かる。

出産後体験談
出産後体験談
登録は無料なので、サポートの1つとして利用がおすすめ。

 

【働き方を考える】出産後の仕事探し

今から働く場合、どんな働き方がよいか考えていきます。

【在宅ワーク】働く場所は自宅

子育てママににおすすめな仕事は「在宅ワーク」です。

\在宅ワークとは/

  • 自宅で仕事が出来る(出社なし)
  • 家のWi-Fiを利用することが多い
  • 電話やメール対応、PC作業など

家で働くことができれば、仕事と家庭を両立しやすい。

 

今は私もテレワークで働けてますが、本当に助かってます。

出産後体験談
出産後体験談
保育園休園の時や、子どもの微熱が続く時など。仕事を休むことなく働けるのは有難い。

 

【時短勤務】最初は短時間で働きたい

友達
友達
専業主婦からいきなりフルタイムの仕事は厳しい。時短とかゆるく働きたい。

そんな時は、まずは短時間勤務がおすすめです

 

\時短の場合/

  • 仕事と家庭が両立しやすい
  • 空き時間を活用できる
  • 仕事量が丁度良い

自分のペースに合った働き方ができます。

 

今は時短の求人も増えているので、選択肢が広い。

「何時間なら働ける?」と具体的にイメージしましょう。

 

転職サイトを活用するメリット。忙しいママの味方

実際に転職を経験して、1人では内定を得られませんでした。

転職サイトのサポートが助かったので、メリットを紹介しますね。

自分に合う求人を見つけやすい。

膨大な求人情報から、自分に合う会社を探すのも一苦労。

子どもを寝かしつけた後、フラフラの体でPCカタカタ…辛い。

 

\転職サイトを利用するメリット/

  • 希望条件を伝えて、求人探し。
  • 自分では見つけられない会社が知れる。
  • 職歴から合う会社を提案してくれる。

 

私は1人で検索するのに限界を感じ、担当者さんにお任せしました。

譲れない条件を伝え、週に1回チェック。

出産後体験談
出産後体験談
紹介された求人も、断ってOK。自分が働いてみたいかを大事にしました。

 

応募書類を作成するのが楽。

転職サイトを使わず、会社に直接応募した時。

\企業求人に直接応募/

  • 会社ごとに、応募書類のフォーマットが違う。
  • 担当者あてにメールで送信。
  • 返事が来てないか、受信ボックスを何度もチェック。

 

育児後に応募書類を作り、寝不足。1社ずつ対応するパワーない。

あまりにも書類作成が大変で、途中でリタイアしました…。

 

転職サイトの場合は、最初に「履歴書・職務経歴書」を入力しておけばOK。

出産後体験談
出産後体験談
添削サービスもあるので、活用できることは何でもしましょう。

 

企業との面接調整がスムーズ。

転職サイトを使うと、企業との調整も楽です。

子どもを預けて何度も休みは取りにくい。効率よく転職活動をすすめたい。

 

\面接が決まるまで/

  • 面接可能な曜日、時間を伝えておく。
  • 企業と直接やりとりをしてくれる。
  • 面接候補日をもらう。
  • 面接日決定。

 

数社に応募していると、やり取りだけでも時間がかかる。

担当者さんが直接交渉してくれるので、面接候補日が決まるのを待つだけで楽。

 

出産後体験談
出産後体験談
同じ日に面接をまとめたい時は、事前に言っておくと配慮してもらえます。

 

【おすすめの転職サイト】出産後の仕事探し

求人はどうやって探すのか?具体的な方法を紹介しますね。

【正社員】doda

長く働きたい「正社員」なら、業界大手のdodaがおすすめです。

在宅ワークだったら、自分の時間を活用できて助かる。

 

実際に求人を探す時は、公式サイトへいき。

 

「詳しい条件で求人を検索」→「キーワード」の欄に。

  • 在宅
  • 完全在宅
  • リモート
  • フルリモート

希望条件を入れると、企業の求人が表示されます。

 

また、心に余裕がない時、紹介してもらう方法が楽。

dodaのスタッフさんに希望や勤務時間を伝え、良い求人があれば教えてもらいました。

 

1人で大変な採用活動。協力してもらえることは、頼みましょう。

\正社員求人をチェック/

dodaに登録

転職体験談
転職体験談
全て無料で利用できるので、登録しておいて損はないです

 

【時短正社員】リアルミーキャリア

正社員のまま「時短」で働きたい人にはリアルミーキャリアがおすすめ。

\特徴/

  • 求人は東京23区内、大阪市内がメイン
  • 時短(6~7時間)の正社員
  • 週5日勤務
  • 求人は個別に案内(検索機能はなし)

リアルミーキャリアの求人はエリアが限定されますが、通える人にはチャンス。

 

\利用の流れ/

  • 登録
  • アドバイザーと面談
  • 求人紹介
  • 内定サポート
  • 応募書類の添削、面接練習あり。

 

リアルミーキャリアのスタッフさんと二人三脚で、仕事を見つけます。

転職市場で時短求人は少ない。探してもらえるのは、助かる。

 

\時短正社員になりたい人は/

リアルミーキャリア

転職体験談
転職体験談
子育て中でも正社員のキャリアを積めます。利用は無料。

 

【派遣】リクルートスタッフィング

リモートワークの普及により、在宅勤務OKの派遣会社も増えました。

派遣で働くなら業界大手で在宅求人が多い、リクルートスタッフィングがおすすめ。

 

実際に求人を探す時は、公式サイトへいき。

リクルートスタッフィング

 

「お仕事検索」→「こだわり条件」→「テレワーク」にチェックしてください。

在宅勤務ができる求人が表示されます。

 

リクルートスタッフィングで企業情報を見ることで

  • 勤務時間
  • 給与
  • 仕事内容
  • 最寄り駅など

働くイメージをリアルに持てます。

 

困ったときは、何でも聞いてみることがおすすめ。

求人相談だけでもOK

リクルートスタッフィング

転職体験談
転職体験談
登録や利用は無料自分のエリアの求人を探しましょう。

 

【まとめ】出産後の仕事探しはいつから始める

ブログでは、何歳から働くかについて、まとめました。

 

\働くことを通して/

  • 家以外に、自分の居場所ができた。
  • 自分でお金を得られた。
  • 社会との繋がりができた。
出産後体験談
出産後体験談
子供と離れることで、心の平和が保たれています。

 

少しでも仕事をしたいと思ったら

  • 何時間、働く?
  • 短期間、長期?
  • 在宅ワークができる?

希望条件を書き出してみましょう。

 

働くきっかけは、一歩踏み出す勇気

早速、希望求人を探してみましょう。

ABOUT ME
きさらぎ
人事歴7年、1次面接官の経験から転職ノウハウを発信。正社員、契約社員、派遣社員を経験し、働き方を学ぶ。心に余裕のある暮らしを目指し「在宅ワークを中心」に働いてます。単身赴任&ワーママの悩みに向けて、体験談ブログを更新中!