仕事と両立

【共働き家庭】妻ばかり休む現実…有給が足りない。今からできる対策方法

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

共働き家庭で、妻ばかり休むのが大変。

 

  • いつも呼び出し担当で理不尽。
  • 有給休暇が足りなくて、欠勤に。
  • 休みが多くて、職場に居づらい。
子育てママ
子育てママ
どうしても休めない日ばかり、子どもが発熱。いつまで謝り続けるのか…。

 

このまま休み続けるのは、難しい。

その後、働き方を見直し、呼び出しが多い時期を乗り越えました。

 

\ブログで紹介していること/

  • 妻が休んでばかり不満
  • 夫婦で協力して分担する方法
  • どうしても仕事を休めない時
  • 働き方を見直す
  • おすすめの転職サイト

今の生活に疲れて辛い人へ、何か参考になれば嬉しいです。

【共働き家庭】妻だけが休むのが大変な問題

子どもが0歳~2歳の時。月に1回は発熱し、保育園から呼び出し。

有給休暇が減り、欠勤に。

保育園から電話があると、お迎え。

すぐに午後の仕事をどうするか。不満が大きく、頭が痛くなります。

 

\我が家の場合/

  • 子どもの呼び出しは妻が全て対応
  • 有給休暇を全て使い果たす
  • 休みが足りなく欠勤へ
  • ボーナスが減る

 

元々定時帰りができる妻が、呼び出し担当。

子育てママ
子育てママ
いつも当たり前のように休みを取る体制。このまま休み続けて働けるか不安。

 

休みが続くことが多い。

子どもの熱は2~3日続くことがよくあり。

発熱後、24時間は家で待機ルールがあり、明日も保育園に行けない。

 

\お迎えから帰宅し/

  • 必要があれば、病院へ。
  • スーパーや薬局で買い出し。
  • 子どもを何とか休ませる。
  • 疲れて、自分はカップラーメン。

 

いつまで休みが続くのか…。

子育てママ
子育てママ
予想外の休みで仕事のスケジュールが変わる。溜まっていく仕事に不安ばかり。

 

【保育園から呼び出し】仕事どうすれば?ワンオペワーママの対処法
【保育園から呼び出し】仕事どうすれば?ワンオペワーママの対処法保育園からの呼び出し、仕事どうすれば? \ワーママの不安/ 子供の体調不良が多い。 周りに頼れる人がい...

 

職場に迷惑をかけてしまい、肩身が狭い。

会社で働いていても、子どもができる前のようには働けず。

子どもの発熱が多く、休んでばかり。肩身の狭い職場…。

 

\会社では/

  • 突発的な対応が難しい。
  • 急な休みは、周りに仕事を頼む。
  • 残業ができない状況。
  • 頑張っても理解されない。

昔ならできた仕事が、思うようにできない。

 

当時の職場は、子育てをしている女性がほとんどおらず。

みんなが遅くまで残業する中、保育園のお迎えがあり定時ダッシュ。

 

子育てママ
子育てママ
定時に帰れるよう、分刻みで働くも、職場の空気は冷たい。
【仕事が終わらないワーママへ】あなたの時間を取り戻す方法
【仕事が終わらないワーママへ】自分の時間を取り戻す方法ワーママ、仕事が終わらない…。 そもそも業務量が多い。 締め切りに追われるプレッシャー。 突発的な仕事...

 

旦那さんに相談するも、頼れない。

いつも妻が休む担当に不満。

納得がいかないけれど、夫の激務には口出しできない。

 

\旦那さんの状況/

  • 定時に帰れない
  • 休日出勤も多い
  • 出張が入る
  • 勤務中、電話が繋がらない。

 

そもそも有給消化もできない職場で、子どものお迎えは厳しい。

転勤族でもあり、新しい環境にピリピリムード。

 

子育てママ
子育てママ
お互いの不満が爆発する前に、対策を練りました。
共働き夫婦の家事分担とは?平日ワンオペ育児の我が家の場合
共働き夫婦の家事分担とは?平日ワンオペ育児の我が家の場合共働き夫婦の家事分担ってどうしてる? 旦那が家事をせず、ストレス。 1人でやるのも限界。 家でやる事を...

 

共働きでも妻だけが休む→夫と協力し家事分担へ

ママの負担軽減のため、旦那さんと話し合い、お願いできることは任せましょう。

呼び出しは夫婦で共有し、計画を立てる。

妻が連絡を受けて100%いくのではなく、どちらが迎えにいくか相談するのも一つ。

 

\急な休みになる時は/

  • すぐに旦那さんへ連絡
  • 今日の予定(絶対に休めない事があるか)
  • 明日以降の仕事の予定
  • 在宅に切り替えられるか

 

話し合いをして、妻が休むことになっても、共有は大事。

子育てママ
子育てママ
「今日はお迎えにいくから、明日はよろしくね。」と、頼みやすい。

 

お互いの働き方から、協力できる事を決める。

休み以外にも、日々のお迎え対応や学校行事など、妻だけに負担がいかないようにする

 

\夫婦分担例/

  • 保育園の送迎は交代制
  • 在宅日をずらす
  • フレックス勤務を活用など

 

片方でも在宅やフレックス勤務ができると、子どもの呼び出しに対応しやすい。

会社の制度や働き方を活用し、妻に偏らないよう話し合います。

 

平日休みが多い時、休日は自由時間をお互いに。

子どもがインフルエンザになると、1週間休み。

会社に行けず、看病ばかりで親子共々疲れる日々。

 

そんな時は、夫婦分担して土日にストレス発散時間を作りましょう。

\休日のリフレッシュ方法/

  • 土日の予定を前もって決める
  • 子育て・家事分担時間をつくる
  • 自由時間は干渉しない

 

短時間でも一人になれると、心が落ち着きます。

子育てママ
子育てママ
月曜日から頑張るためにも、自分へのご褒美は大事。

 

【共働き2人とも休めない時】頼れる場所を確保

夫婦共々、長期休みは無理な時。お金を払っても、子どもの預け先を確保しましょう。

病児保育

自治体で運営している施設が多く、サポート体制がしっかりしています。

1日見てもらえる&先生方も慣れていて、安心。

 

「〇〇区/〇〇市 病児保育」で検索して、情報をゲット。

ホームページの「利用案内」を確認して、登録をします。

 

参考までに、過去に利用した施設の場合。

\利用対象者/

  • 病児保育がある自治体に住んでいる
  • 未就学児まで
  • 病中または回復期(医師の診察が必要)
  • 保護者が勤務で、家庭で看護できない場合など
子育てママ
子育てママ
自治体よって、小学校低学年まで利用ができるそう。

 

\利用までの流れ/

  • 登録を施設で行う
  • 当日に予約を取り
  • 必要書類&荷物を持参し来園

元気な時に登録を済ませておけば、今後助かるのでおすすめ。

 

病児保育OKのベビーシッター

値段が高いのが辛いですが、保育園がダメで預け先が無いときは助かる。

 

「〇〇区/〇〇市 病児保育 ベビーシッター」で検索して、情報をゲット。

会社ごとにシステムが違うので、預け先候補をいくつかピックアップしましょう。

 

\利用開始までの例/

  • 事前登録
  • ベビーシッターさんを探す
  • 予約する
  • 詳細を伝える
  • 当日、子供を預ける

 

友人の自治体は病児保育の施設が少なく、ベビーシッターで対応しています。

 

金額は「1時間2,000円程」らしく、1日預けると1万以上…。

定期的には頼めないので、よっぽどの時に限ります。

 

子育てママ
子育てママ
どうしても預け先が無いときの、最終手段として利用がおすすめ。

 

家族で頼める人がいるか、確認する。

親戚が近くに住んでいるワーママは、周りにお願いしているそう。

 

\呼び出し時の預け先例/

  • 父母
  • 姉妹
  • 叔母など

どうしても休めない場合に、緊急的に相談。

お迎えの時に、お礼の品を持参するそう。

 

我が家は核家族で頼る先が無いので、羨ましい。

もし、頼めそうな家族がいれば、聞いてみるのも手。

 

ファミリーサポート

自治体が運営しているサービスで、地域の人に子どもを見てもらえます。

病気中は預けられませんが、元気な時の子どもの預け先として心強い。

 

詳細は自治体のページで調べられます。

「〇〇区/〇〇市 ファミリーサポート」で検索。

いきなり利用はできないので、事前に登録が必要です。

 

\利用登録の流れ/

  • 制度の説明を受ける
  • 住所確認(運転免許証や住民票など)
  • 必要書類に記入など

約1時間ほど、窓口で手続きをして完了。

 

その後、利用希望を提出し、預かってくれる人を探します。

金額は1時間800円程度です。(地域により異なる)

 

平日に何かあったときに家族以外の場所は大きい。

子育てママ
子育てママ
登録は無料なので、頼れる人がいない時のサポートに助かる。

 

【働き方を見直す】共働き家庭の妻の負担が大きい時

旦那さんと協力しても、休みや不満が大きく、仕事を続けられない時。

これからの働き方を見直す必要があります。

おすすめの働き方は、在宅ワーク。

育児ママにはやってほしい「リモートワーク」

2人の子育てをしながら、何度も助けられました。

 

\在宅ワークとは/

  • 自宅で仕事が出来る(出社なし)
  • 家のPCやWi-Fiを利用することが多い
  • 電話やメール対応、PC作業など

家で仕事だと、通勤&休み時間に家事が出来る。

 

転職活動中、友人が在宅ワークで働いているのを知り、衝撃。

「月に1回の出社」が羨ましく、私も憧れるようになりました。

 

子育てママ
子育てママ
今の生活に合った働き方、見つけていきましょう。
転勤族の妻のお仕事
【転勤族10年】妻が働くなら在宅ワーク!おすすめの仕事・探し方とは?急に転勤が決定。仕事どうしよう…。 「転勤族の妻」で何度引っ越しをしても、生活に慣れるまでが大変。 新しい土地では ...

 

時短で働き方をセーブ。

そもそも、フルタイム勤務が無理、体力0。

育児に専念するため、働く時間を減らすことも、考えてみましょう。

 

\仕事をセーブするため/

  • 時短勤務
  • 単調業務
  • 残業少なめ

 

どんな働き方だと、この先仕事を続けられるか。

子どもの成長や家庭状況に合わせて、キャリアを見直すのも手。

 

ワーママ転職「時短勤務をしたいと思ったら」今から始める方法とは?
ワーママ転職「時短勤務をしたい」今から理想求人を見つける方法ワーママ「時短勤務できる会社」に転職したい 子供と過ごす時間が少ない。 フルタイムで頑張っても、評価されない...

 

フレックス勤務など、働きやすい職場

私は以前、女性が少ない会社で働いており。

保育園の呼び出しで休みが多く、仕事を続けるのが大変でした。

 

\例えば/

  • 職場の女性の人数
  • 産休や育休の取得率
  • フレックス勤務
  • 子育て女性支援制度など

転職したい会社の情報を、会社のHPで確認するのは大事です。

 

求人票で情報が分からない時、転職サイトのスタッフさんに聞いてみるのもOK。

子育てママ
子育てママ
「自分が働くイメージを持てる」か要チェック。

 

【在宅ワーク・時短求人】おすすめの転職サイト

実際に求人はどうやって探すのか?具体的な方法を紹介しますね。

【正社員】doda

長く働きたい「正社員」なら、業界大手のdodaがおすすめです。

在宅ワークだったら、子どもが家にいても働ける。

 

実際に求人を探す時は、公式サイトへいき。

 

「詳しい条件で求人を検索」→「キーワード」の欄に。

  • 在宅
  • 完全在宅
  • リモート
  • フルリモート

希望希望条件を入れると、企業の求人が表示されます。

 

また、ワンオペ育児で余裕がない時、紹介してもらう方法が楽。

dodaのスタッフさんに希望や勤務時間を伝え、良い求人があれば教えてもらいました。

 

1人で大変な採用活動。協力してもらえることは、頼みましょう。

\正社員求人をチェック/

dodaに登録

転職体験談
転職体験談
全て無料で利用できるので、登録しておいて損はないです

 

【時短正社員】リアルミーキャリア

正社員のまま「時短」で働きたい人にはリアルミーキャリアがおすすめ。

\特徴/

  • 求人は東京23区内、大阪市内がメイン
  • 時短(6~7時間)の正社員
  • 週5日勤務
  • 求人は個別に案内(検索機能はなし)

リアルミーキャリアの求人はエリアが限定されますが、通える人にはチャンス。

 

\利用の流れ/

  • 登録
  • アドバイザーと面談
  • 求人紹介
  • 内定サポート
  • 応募書類の添削、面接練習あり。

 

リアルミーキャリアのスタッフさんと二人三脚で、仕事を見つけます。

転職市場で時短求人は少ない。探してもらえるのは、助かる。

 

\時短正社員になりたい人は/

リアルミーキャリア

転職体験談
転職体験談
子育て中でも正社員のキャリアを積めます。利用は無料。

 

【派遣】リクルートスタッフィング

リモートワークの普及により、在宅勤務OKの派遣会社も増えました。

派遣で働くなら業界大手で在宅求人が多い、リクルートスタッフィングがおすすめ。

 

求人を探す時は、公式サイトへいき。

リクルートスタッフィング

 

「お仕事検索」→「こだわり条件」→「テレワーク」にチェックしてください。

在宅勤務ができる求人が表示されます。

 

リクルートスタッフィングで企業情報を見ることで

  • 勤務時間
  • 給与
  • 仕事内容
  • 最寄り駅など

今から働くイメージ、リアルに持てます。

 

困ったときは、何でも聞いてみることがおすすめ。

求人相談だけでもOK

リクルートスタッフィング

転職体験談
転職体験談
登録や利用は無料自分のエリアの求人を探しましょう。

 

【まとめ】共働き家庭で妻が休む問題は負担を減らす方法へ

ママ達は本当に疲れています。

旦那さんや頼れる場所を見つけて、自分を労わりましょう。

 

\負担を減らすため/

  • 夫婦で共有し、どちらが休むか相談。
  • 旦那さんと家事分担をする
  • 休日は自分時間をつくる
  • 病児保育、ベビーシッターを使う
子育てママ
子育てママ
一人で抱え込まず、頼れることは全力で甘えるのが大事。

 

また、今の働き方が無理な時。転職を考えるのもおすすめ。

ブラック企業の経験から、心を擦り減らして働くのは地獄です。

 

最高の職場は無いけど、嫌な仕事をずっと我慢する必要もない。

\今の働き方は/

  • 在宅ワークができ、呼び出し対応がしやすい。
  • 職場の人間関係に悩まされにくい。
  • 通勤時間を活用し、家事ができる。

 

フル出社時と比べ、心に余裕が出来ました。

子どもが小学生になり、さらに有難みを実感しています。

 

あなたが思う、理想の働き方とは?

早速、希望求人を探してみましょう。

ABOUT ME
きさらぎ
人事歴7年、1次面接官の経験から転職ノウハウを発信。正社員、契約社員、派遣社員を経験し、働き方を学ぶ。心に余裕のある暮らしを目指し「在宅ワークを中心」に働いてます。単身赴任&ワーママの悩みに向けて、体験談ブログを更新中!