専業主婦

【専業主婦の再就職】今から仕事復帰をするための4つのステップ

【専業主婦の再就職】今から仕事復帰をするための4つのステップ

専業主婦から再就職したい!

 

こんな悩みはありませんか?

  • 仕事復帰してみたい。
  • ブランクあっても大丈夫?
  • 子供を保育園に入れたい。

私も昔、主婦から働きたいと思っても、何から始めればいいか分かりませんでした。

 

履歴書ってどうやって作るの?久しぶりの仕事探し…大変でした。

そして、試行錯誤でいろんな壁にぶつかりましたが、無事に仕事が見つかりました。

 

再就職のステップについて、ブログで紹介しています。

  • 子供の預け先を見つける(未就学児の場合)。
  • 希望条件を整理する。
  • 気になる求人へ応募する。
  • 採用試験を受けて、内定を勝ち取る。
専業主婦体験談
専業主婦体験談
働きたい女性に向けて、何かきっかけになると嬉しいです。

【体験談】保活に失敗し、専業主婦へ。再就職を決めた理由。

毎日家事をする日々に、違和感。

みんな孤独って感じないの?私だけ?」モヤモヤが続き、働くことを決めた体験談を紹介します。

 

(1)保育園に入れず、退職。専業主婦へ。

娘を出産後、1年間の育休を申請していました。

保育園激戦区に住んでおり、嫌な予感はしつつも保活を頑張り。

 

結果…保育園全部ダメでした。

保育園激戦区といえども、どこか引っかかると思い込んでいました。

 

\保活を振り返り/

  • 電車で通うことも考え、申請数を増やす。
  • 認可外施設のリサーチ不足。
  • 一時保育も検討に入れるべき。

もっと行動できたと、大反省。

妊娠中から保活していたママもいて、完全になめていました…。

 

そのまま会社を退職し、専業主婦へ。

復職する気満々だったので、かなり落ち込みました。

 

家事全般が苦手だけど、やるっきゃない。

専業主婦体験談
専業主婦体験談
気持ちを切り替えて、娘と2人だけの生活に向き合いました。

 

(2)ワンオペ育児に疲れ、再就職を決意。

子供中心の生活を過ごしていく中で。

  • 旦那が忙しく、頼れない。
  • 周りに助けてくれる人がいない。
  • 子供以外、話し相手がいない。

ママ達に話しかけるのが苦手なので、公園で娘と二人で遊んでいました。

たまに話しかけられても、特に関係が続くことは無く。

 

大人と話すことがほぼゼロ。たまに友人と電話した時は

専業主婦体験談
専業主婦体験談
えっと、あれ・・・なんだっけ?あ~~~言葉が出ない。
友達
友達
大丈夫か??

 

語彙力が低下し、会話にならない。

このまま自分がどんどんダメになる不安。「やっぱり働きたい」と再就職を決意しました。

 

【専業主婦の再就職】今から仕事復帰をするための4つのステップ

「働くこと」を決めたら、大きく4つのステップがあります。

1つずつブログで紹介していきます。

 

(1)子供の預け先を探す。

未就学児がいる場合、預ける場所が無いと働けません。

自分が利用できる保育園を探しましょう。

施設の空き状況は自治体のページで調べられます。

「〇〇区/〇〇市 保育園 空き状況」で検索!

全体を見て、0才~2才児クラスは空きが少なく入れないことが多い。しかし、年少以上は空きがチラホラ。(幼稚園があるため)

 

また、自治体では保活相談会を実施が多いです。

\相談会では/

  • 激戦区と穴場なエリア
  • 認可園内定の点数について
  • 新設園の情報
  • 認可外施設の情報

案内書では分からなかった、リアルな情報が手に入ります。

 

専業主婦体験談
専業主婦体験談
分からない事や不安なことがあれば、相談をおすすめします。

 

(2)希望の働く条件を整理する。

いきなり求人票を見ても、自分に合う会社が分からない。

再就職ではどんな働き方をしたいのか、1度ゆっくり考える時間を取りましょう。

 

自分が働きたい条件を書く
  • (1)
  • (2)
  • (3)
  • (4)
  • (5)

思いつくまま、何個でも書き出してみます。

例えば、土日祝休み、残業なし、在宅ワーク、フレックス勤務…など。

 

\自分の理想の働き方を書いた後/

  • 書き出した中から、優先順位をつける(1位、2位…)
  • 上位3つを軸に、働きたい条件を整理する。

自分の働きたい軸が分かると、会社を見る目が変わり応募しやすい。

専業主婦ブログ
専業主婦ブログ
早速、紙とペンを用意し、自分の気持ちと向き合ってみましょう。

 

(3)求人票をチェックし、気になる会社へ応募。

自分の働きたい条件が固まったら、いよいよ求人票を見ます。

\求人サイトの例/

  • 女性社員が活躍中
  • 仕事と子育て両立できます
  • ワークライフバランス充実♪

・・・どの求人も良さそう。応募ボタンを押す基準が分からない。

 

おすすめ情報に惑わされず、自分の希望条件を確認。

上位3つほどに絞り、求人票と照らし合わせると、探しやすいです。

 

そして、自分の条件に合うなぁと思ったら、とりあえず応募。

理由は、書類選考がかなり厳しいからです。

私は10社連続で不合格になったときは、もう再就職できないと恐怖でした。

 

それでも諦めず、応募書類を書き直し(添削サービスも受けて)、少しずつ選考に通るように。

専業主婦体験談
専業主婦体験談
ダメ元でもチャレンジ精神で、一歩ずつ進んでいきます。

 

(4)採用試験を受けて、内定を勝ち取る。

書類選考がOKの場合、SPIや面接など、更に試練が待っています。

個人的に、1番の難関は「面接」。

 

まともに大人と話していない生活から、一変。

いきなり「自己PRをどうぞ」と言われても…言葉が出ない。

 

しかし、面接を通過しないと、仕事は決まらない。

大変ですが、家で練習をして、本番に挑みます。

 

\家でできる対策/

  • ぬいぐるみに向けて、何度も練習する。
  • 受け答えの様子を撮り、改善点を見つける。
  • 言葉がつまる部分は、考えを整理する。

働く自分をイメージして、何度も練習。そして…。

専業主婦体験談
専業主婦体験談
長い道のりでしたが、無事に採用が決まりました。ダメ元でもチャレンジして良かったです。

 

【まとめ】専業主婦の再就職。仕事復帰をするための4つのステップ

ブログでは、働くための4つのステップを紹介しました。

  • 子供の預け先を見つける(未就学児の場合)。
  • 希望条件を整理する。
  • 気になる求人へ応募する。
  • 採用試験を受けて、内定を勝ち取る。

最初はPCで書類を作ることから、至難の業。

子供の昼寝タイムや夜、コツコツと応募書類を書いていました。

 

\働くことを通して/

  • 家以外に、自分の居場所ができた。
  • 自分でお金を得られた。
  • 社会との繋がりができた。

少しでも再就職してみたいと思ったら。自分の希望条件を書き出してみましょう。

転職体験もまとめています。何か参考になると嬉しいです。

 

\関連記事/

専業主婦体験談
専業主婦体験談
自分らしい生き方とは?心に余裕のある働き方を紹介しています。
ABOUT ME
きさらぎ
人事歴7年、1次面接官の経験から転職ノウハウを発信。正社員、契約、派遣をそれぞれ経験し、働き方を学ぶ。心に余裕のある暮らしを目指し「在宅ワークを中心」に働いてます。ワーママの悩みに向けて、体験談ブログを更新中!