保活

【妊娠中の保活のやり方】失敗談から学ぶ。今からできることは?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

妊娠中の保活のやり方ってどうすれば?

 

  • 地域の情報が分からず、不安。
  • 保育園が決まらず、退職が怖い。
  • 今からできることが知りたい。

私は妊娠中に保活をせず(出産後に始め)、保育園が決まりませんでした。

そして、退職。仕事を辞めて、専業主婦に。

 

保育園に入るのが大変と実感し、2人目の妊娠中は早めに保活を始めました。

\保活のやり方/

  • 地域の情報集める。
  • 見学に行けたらいく。
  • 役所で相談し、入園申請。
  • 結果を待つ。
  • 認可外も申請。
体験談ブログ
体験談ブログ
保育園に入れないと不安を抱えている人へ、少しでも役立つと嬉しいです。

【妊娠中の保活のやり方】今からできること3つ

妊娠中のスケジュールを紹介します。

自治体の保育園情報を集める。

利用案内を熟読し、自分が利用できる施設を探しましょう。

施設の詳細は自治体のページで調べられます。

「〇〇区/〇〇市 認可保育園 申込み」で検索!

保育園マップで、家から通えそうな地域をチェックします。

見学希望は受け入れてもらえるので、実際に見るのもOK。

 

また、空き情報も公開されています。

全体を見て、0才~2才児クラスは空きが少なく入園できないことが多い

しかし、年少以上は空きがチラホラ。(幼稚園があるため)

体験談ブログ
体験談ブログ
自分の住んでいる地域の情報をチェックしましょう。

 

申請スケジュール

\スケジュール例/

  • 9月 申込書取り寄せ(HPや窓口にて)
  • 9月~10月 見学や書類準備
  • 10月~11月 申込書提出
  • 2月 結果発表
  • 3月 入園説明会
  • 4月 保育園利用開始

地域により申込み期限は前後しますが、大体の流れは同じです。

 

各ホームページには、施設の場所や申請方法が紹介されています。

入園手引きをダウンロード、スケジュールを確認しましょう。

 

申請書類を準備する。

\提出書類の例/

  • 入所申込書(自治体でもらえます)
  • 保育の必要性を証明する書類(勤務証明書など)
  • マイナンバー制度の確認書類など

保育園を利用する希望理由により、提出内容は変わってきます。

 

また、妊娠中に会社を辞めた場合。求職活動でも保育園の申請はできます。

 

\求職活動で申請する時/

  • 求職活動が分かる書類(自己申告)
  • 誓約書

 

求職活動の場合、利用期間に限度があります。

2か月以内に仕事が決まらない場合、退園します。」という誓約書を求められる場合も。

体験談ブログ
体験談ブログ
書類作成や取り寄せに時間がかかるので、早めに準備しましょう。

 

認可外・一時保育も検討する。

認可園以外は自治体が取りまとめをしていません。

入園希望の場合、自分で行動する必要があります。早速始めましょう。

 

\認可外園とは/

  • 料金が高い分、空きが出やすい。
  • 認可園申請の際、加算となる。
  • 時間外に柔軟に対応してくれる。

保育料が高い分、入りやすいメリットがあります。

 

そして、認可外は先着が多いので「とにかく早く」連絡するのが大事。

妊娠中に希望の園に聞いてみると、状況を教えてもらえます。

見学ができることもあるので、聞いてみましょう。

 

\申し込む場合/

私の場合、正式に申し込みをする際には「予約金(2万円)」が必要でした。

体験談ブログ
体験談ブログ
説明会後にすぐ申込みに進むことがあるので、現金は多めに持っていきましょう。

 

また、認可外がダメな場合、「一時保育」というのも手。

短時間でも働きたい人におすすめです。

 

保育園相談会に行く。

保活を始めた時、ぜひ地域の相談会への参加してほしいです。

 

子育て支援センターや役所でやっていることが多いので、要チェックです。

\相談会では/

  • 激戦区と穴場なエリア
  • 認可内定の点数について
  • 新設園の情報
  • 認可外施設の情報

気軽な質問がしやすいので、助かります。

 

また、相談会が無くても、窓口で質問対応ができることがあります。

体験談ブログ
体験談ブログ
分からない事や不安なことがあれば、1人で悩まず聞くことが大事。

 

【失敗談】妊娠中に保活を始めず、大後悔。

私は1人目の妊娠中に保活をせず、出産後に始めました。

認可保育園へ申請しなかった。

出産して3か月。そろそろ保活しようと、支援センターのママ達に質問。

 

\地域情報では/

  • 激戦区で育休復帰できない。
  • 認可外しか空いていない。
  • 仕事を辞めたママ多数。

まさか、保育園激戦区に住んでいると発覚。

 

そして、

近所のママ
近所のママ
育休で入れる人いないから、認可の申請する意味ない。認可外しか無理。

認可園の申請をしないという、まさかの状況。

 

「そっか、入れないのにわざわざ出すのは意味ないのか。」

そして、私も申請をしませんでした。見学すら行かず。

 

今振り返ると、完全に間違ったやり方。

体験談ブログ
体験談ブログ
周りの声に惑わされず、ダメ元でも申請すべきだったと後悔。

 

認可外施設は先着が多く、出遅れる。

認可外園に申し込まなければと、保活スタート。

 

「〇〇区/〇〇市 認可外 保育園」と検索して、探します。

自分の家から通える希望施設をピックアップして、とりあえず電話を。

 

ホームページに空き情報が無いことが多いので、電話で確認をします。

先生
先生
ごめんなさい。もう、キャンセル待ちがいっぱいで、入園申込みは出来ません。

通える所…全て電話で断られる。

 

支援センターのママ話では。

近所のママ
近所のママ
妊娠分かってすぐに認可外の申し込みをしたよ。出産してからじゃ遅いよ。

…まじか。

 

地域の事情を知らず、完全に出遅れ。妊娠中に保活なんて、考えてもいませんでした。

体験談ブログ
体験談ブログ
そして、保育園が決まらず会社を退職。仕事復帰できないなんて…。

 

小規模保育園から内定をもらった

1人目の保活で失敗した経験から、2人目は妊娠中から活動開始。

 

私は保活中、「4月」と「年度途中」入園の両方を行いました。

見学できるところは電話し、実際にチェック。

 

10月に申請を行い、年度途中入園は入れないまま…2月に。

2月の発表で…小規模保育園の内定通知をGET。

 

小規模保育園は0才~2才児クラスまでしかなく、全体で20名弱

体験談ブログ
体験談ブログ
駅から通り穴場の園を狙い、4月入園ができました。

 

【赤ちゃんとの生活に向けて】頼れるところを確保

出産後は育児で、24時間休まらない。

妊娠中に頼れるサービスは知っておくと便利。

食事は「宅配サービス」に甘える。

赤ちゃんを連れて毎日スーパーは大変。

ここは必要経費と割り切り、宅配サービスに甘えました。

 

子どもが小学生になっても、「ヨシケイの宅配サービス」を利用しました。

\夜ご飯の流れ/

  • 冷凍ご飯をチン
  • 15分で夕食完成
  • デザートはセルフ(アイスかヨーグルト)

カット野菜は炒めるだけで、2品できあがり便利です。

ヨシケイ「プチママ」の口コミとは?お試し内容を徹底解説1

 

ヨシケイのお金は1人500円ほど。割高ですが、ワンオペ育児には助かってます。

\お試しコースをチェック/

食材宅配のヨシケイ

妊娠中体験談
妊娠中体験談
お試し期間は半額で利用できるので、お得です。

 

困ったときは「冷凍弁当」

疲れすぎて、フライパンを出すのは無理。レンジでチン!で終わらせたい。

 

そんな時は、冷凍弁当にお任せしましょう。

何を頼むか迷ったら、値段がお手頃な【ワタミの宅食ダイレクト】がおすすめ。



\お試しプランの流れ/

  • プランを選ぶ
  • おかず3品:3,900円(10食)+送料
  • おかず5品:4,880円(10食)+送料
  • 注文完了

10食も冷凍庫にあると、困った時に温めるだけで便利。

 

\公式サイトをチェック/

【ワタミの宅食ダイレクト】

妊娠中体験談
妊娠中体験談
お試しは1食500円以下で、お得。

 

家事代行サービスを頼む

赤ちゃんの夜泣きで寝不足。ゆっくり、寝たい。

育児ばかりで家事をする余裕はない…。部屋が荒れ放題で、落ち込むこむ日々。

 

こんな時は、家事代行が便利です。

\頼めること/

  • 掃除、洗濯
  • 希望料理の作り置き
  • 部屋の整理整頓など

心に余裕が無いとき、家のサポートをしてもらえるのは、有難い。

 

家事代行を利用したい時は、1500円~頼める【タスカジ】がおすすめ。



\利用できる地域/

  • 東京、神奈川、埼玉、千葉
  • 大阪、京都、兵庫、奈良、滋賀
  • 秋田、福岡

値段が手ごろなので、妊娠中に頼れる場所を確保。

 

\詳細は公式サイトへ/

【タスカジ】

妊娠中体験談
妊娠中体験談
家事の時間を減らし、自分時間を増やしましょう。

 

働き方を見直す

子育て、家事、仕事で大変な毎日。

私は在宅ワークのおかげで、1日を乗り越えています。

 

\在宅ワークとは/

  • 自宅で仕事が出来る(出社なし)
  • 家のPCやWi-Fiを利用することが多い
  • 電話やメール対応、PC作業など

家で仕事だと、通勤&休み時間に家事が出来る。子どもの保育園が休みの時も助かる。

 

転職活動中、友人が在宅ワークで働いているのを知り、衝撃。

「月に1回の出社」が羨ましく、私も憧れるようになりました。

 

妊娠中体験談
妊娠中体験談
時間があるタイミングで、働き方を見つめ直すのも手。

 

【まとめ】妊娠中の保活のやり方。失敗談から学んだ今からできること

私の経験から、今から始められる方法を紹介しました。

\やり方/

  • 保育園の情報集める。
  • 役所で相談、認可園へ申請。
  • 認可外や一時保育も検討。

 

初めての妊娠時、つわりが辛く、出産後のことまで考える余裕はありませんでした。

しかし、「保活は早い方が良い」と学び。

 

2人目の時は、妊娠中から施設の見学をして、できることはやりました。

早めに動いた結果

  • 認可外施設の申し込み完了
  • 穴場なエリア情報を知る
  • 小規模園で内定を獲得

4月から入園ができ、働くことが出来ました。

 

1日を乗り越えるだけで大変ですが、少しでも落ち着いたタイミングで保活がおすすめ。

私の体験談が、少しでも役立つと嬉しいです。

\ブログで紹介したこと/

 

 

ブログでは「女性の転職」をテーマに、記事を更新しています。

\ワーママの転職/

子どもの成長に合わせ「理想の働き方」を考えています。

新しいキャリアに興味がある人、ぜひチェックしてくださいね。

ABOUT ME
きさらぎ
人事歴7年、1次面接官の経験から転職ノウハウを発信。正社員、契約社員、派遣社員を経験し、働き方を学ぶ。心に余裕のある暮らしを目指し「在宅ワークを中心」に働いてます。単身赴任&ワーママの悩みに向けて、体験談ブログを更新中!