準備・退職

転勤族妻のお仕事「子供がいても働ける?」引っ越し先で始める転職活動

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

転勤族の妻は「子供がいても仕事できる?」

 

  • 子育てしながら、仕事と両立が心配。
  • 知らない土地で働くの、大変そう。
  • 保育園とか、どうすれば…。
転勤族の妻
転勤族の妻
私も最初は、転勤族の妻は働けないと思っていました。

 

妊娠中に旦那が異動になり、引っ越し。知らない土地で初めての子育て。

既にグループのできたママ会の輪に入れず、孤独な生活。

 

一人で悩んでいても、今の生活は変えられない。よし、働こう。

子供が6カ月のタイミングで、転職活動を始めました。

 

\ブログで分かること/

この記事では、転勤妻歴9年で得た仕事探しを、詳しく紹介します。

転勤族の妻が「仕事」について悩むこと

引っ越しが多く、孤独な生活。周りに相談ができず、働くまでのハードルが高い。

転勤先で仕事を見つけるのが大変。

新しい場所で働きたいと思っても、数年で転勤。

  • 転勤族は辞めると思われる。
  • 応募できる、仕事が少ない。
  • 転職方法が分からない。

初めて引っ越しした時、何から始めていいのか不安でした。

 

「数年で退職が分かっているのに、雇われる?」

求人に応募するのも、ためらいました。

 

しかし、転妻でも採用されたので、安心してください。

ダメ元でも、求人に応募するのがポイントです。

 

知らない土地で、保育園探し。

子供がいると、保育園に入れないと働けません。

保活は何回しても、大変。引っ越しの度に憂鬱に…。

 

引っ越し先の事情が分からないので、まずは自治体に確認しましょう。

 

\保育施設を利用できる例/

  • 就業中
  • 妊娠、出産
  • 疾病
  • 介護、看護
  • 求職活動
  • 就学など

今、働いていない人も、申請するチャンスがあります。

転勤族の妻
転勤族の妻
保活については、後ほど紹介しますね。

 

新しい会社で一から人間関係を作る。

数年働き、職場にも慣れた頃に引っ越し。

会社を退職して、就職活動スタート。という日々を繰り返しました。

 

特に人間関係や仕事が良かった場合、会社を辞めるのは心身ともに辛い。

旦那と何度も喧嘩をしましたが、転妻である限り変えられない。

 

引っ越しが決まり次第、気持ちを切り替えて仕事を探します。

 

\例えば/

  • やってみたい仕事
  • 過去の経験を活かす
  • テレワークが出来るなど

せっかく転職するなら、前職より働きやすい会社へ。

前向きに考え、働くモチベーションを高めます。

 

転勤族の妻に「おすすめな仕事」を紹介

今まで引っ越しの度に、仕事探しをしてきました。

どんな働き方があるか、紹介していきますね。

 

引っ越し先で、派遣やアルバイトを探す。

派遣社員やアルバイトは、住んでいるエリアで仕事を探しやすいです。

アルバイトは単発でイベントスタッフ、派遣は事務職をやっていました。

 

\派遣社員とは/

  • 会社でデスクワークが多い
  • 時短求人あり
  • 残業少なめ
  • 土日祝休み

期間が限られていますが(同じ仕事で3年)、求人数が多いので選びやすい。

 

そして、時短や残業少ない求人が多く、子供がいても働きやすい。

転勤族の妻
転勤族の妻
選択肢の1つとして、考えてはいかがでしょうか。

 

専門の資格を生かして、新しい場所で働く。

転勤族の妻で「専門職の資格」がある人は、仕事に就きやすいです。

専門職は需要がある仕事が多く、引っ越し先でキャリアアップになることが嬉しいですね。

 

\専門職の資格の例/

国家資格:医師・薬剤師・看護師・助産師・保健師・臨床検査技師・診療放射線技師・理学療法士・作業療法士・介護福祉士・保育士など

教育関係:教員(幼稚園・小学校・中学校・高等学校・特別支援学校)など

 

全国どこでも働ける「専門職の資格を取得」は、仕事探しの幅が広がる。

私も転勤族になり、資格の勉強を進めています。

 

\例えば/

  • 仕事の需要がある資格
  • やってみたい仕事

将来のキャリアを考え、自己投資するのもおすすめです。

 

在宅ワークだと、家で仕事ができる。

最後に、転勤族の妻に1番おすすめが「在宅ワーク」です。

 

\働き方は/

  • 自宅で仕事をする。
  • 家のWi-Fiを利用して働く。(PCは会社手配が多い)
  • 電話やメール対応、PC作業など

会社に出社しなくて良いのが、1番のメリット。

 

今までは突然の辞令で、生活が一変。働いていた会社を退職したことが何度も。

しかし、家で仕事ができると、旦那の転勤に怯える必要はありません。

 

\引っ越しの度の悩み/

  • 引っ越し先での、仕事探しが面倒。
  • 仕事と家事のバランスが取れない。
  • 私もキャリアアップした。

この先のキャリアプランに不安でモヤモヤ。

 

そんな時、友人が在宅ワークで働いているのを知り、衝撃。

「月に1回の出社」が羨ましく、私も憧れるようになりました。

転勤族の妻
転勤族の妻
今は子供のために「完全在宅」を狙ってます。

 

転職サイトを活用するメリット。忙しいママの味方

実際に転職を経験して、1人では内定を得られませんでした。

転職サイトに助けられたので、メリットを紹介しますね。

自分に合う求人を見つけやすい。

膨大な求人情報から、自分に合う会社を探すのは一苦労。

子どもを寝かしつけた後、フラフラの体でPCカタカタ…辛い。

 

\転職サイトを利用するメリット/

  • 希望条件を伝えて、求人探し。
  • 自分では見つけられない会社が知れる。
  • 職歴から合う会社を提案してくれる。

 

私は1人で検索するのに限界を感じ、担当者さんにお任せしました。

譲れない条件を伝え、週に1回チェック。

転勤族の妻
転勤族の妻
紹介された求人も、断ってOK。自分が働きたいかを大事にしました。

 

応募書類を作成するのが楽。

転職サイトを使わず、会社に直接応募した時。

\企業求人に直接応募/

  • 会社ごとに、応募書類のフォーマットが違う。
  • 担当者あてにメールで送信。
  • 返事が来てないか、受信ボックスを何度もチェック。

 

深夜に応募書類を作り、寝不足。1社ずつ対応するパワーない。

あまりにも書類作成が大変で、途中でリタイアしました…。

 

転職サイトの場合は、最初に「履歴書・職務経歴書」を入力しておけばOK。

転勤族の妻
転勤族の妻
添削サービスもあるので、活用できることは何でもしましょう。

 

企業との面接調整がスムーズ。

転職サイトを使うと、企業との調整も楽です。

子どもを預けて何度も休みは取りにくい。効率よく転職活動をすすめたい。

 

\面接が決まるまで/

  • 面接可能な曜日、時間を伝えておく。
  • 企業と直接やりとりをしてくれる。
  • 面接候補日をもらう。
  • 面接日決定。

 

数社に応募していると、やり取りだけでも時間がかかる。

担当者さんが直接交渉してくれるので、面接候補日が決まるのを待つだけで楽。

 

転勤族の妻
転勤族の妻
同じ日に面接をまとめたい時は、事前に言っておくと配慮してもらえます。

 

在宅ワークや時短求人を見つけるため、転職サイト。

実際に仕事を探したい時、どうすれば良いの?具体的な方法を紹介しますね。

【正社員】doda

長く働きたい「正社員」なら、業界大手のdodaがおすすめです。

在宅ワークだったら、自分の時間を活用できて助かる。

 

実際に求人を探す時は、公式サイトへいき。

 

「詳しい条件で求人を検索」→「キーワード」の欄に。

  • 在宅
  • 完全在宅
  • リモート
  • フルリモート

希望条件を入れると、企業の求人が表示されます。

 

また、心に余裕がない時、紹介してもらう方法が楽。

dodaのスタッフさんに希望や勤務時間を伝え、良い求人があれば教えてもらいました。

 

1人で大変な採用活動。協力してもらえることは、頼みましょう。

\正社員求人をチェック/

dodaに登録

転勤族の妻
転勤族の妻
全て無料で利用できるので、登録しておいて損はないです

 

【時短正社員】リアルミーキャリア

正社員のまま「時短」で働きたい人にはリアルミーキャリアがおすすめ。

\特徴/

  • 求人は東京23区内、大阪市内がメイン
  • 時短(6~7時間)の正社員
  • 週5日勤務
  • 求人は個別に案内(検索機能はなし)

リアルミーキャリアの求人はエリアが限定されますが、通える人にはチャンス。

 

\利用の流れ/

  • 登録
  • アドバイザーと面談
  • 求人紹介
  • 内定サポート
  • 応募書類の添削、面接練習あり。

 

リアルミーキャリアのスタッフさんと二人三脚で、仕事を見つけます。

転職市場で時短求人は少ない。探してもらえるのは、助かる。

 

\時短正社員になりたい人は/

リアルミーキャリア

転勤族の妻
転勤族の妻
子育て中でも正社員のキャリアを積めます。利用は無料。

 

【派遣】リクルートスタッフィング

リモートワークの普及により、在宅勤務OKの派遣会社も増えました。

派遣で働くなら業界大手で在宅求人が多い、リクルートスタッフィングがおすすめ。

 

求人を探す時は、公式サイトへいき。

リクルートスタッフィング

 

「お仕事検索」→「こだわり条件」→「テレワーク」にチェックしてください。

在宅勤務ができる求人が表示されます。

 

リクルートスタッフィングで企業情報を見ることで

  • 勤務時間
  • 給与
  • 仕事内容
  • 最寄り駅など

働くイメージ、リアルに持てます。

 

困ったときは、何でも聞いてみることがおすすめ。

求人相談だけでもOK

リクルートスタッフィング

転勤族の妻
転勤族の妻
登録や利用は無料自分のエリアの求人を探しましょう。

 

【転勤族の妻のお仕事】子供の預け先を確保しよう

施設を探し始めると

  • 保育園
  • 幼稚園
  • こども園
  • 一時保育施設など

いろんな候補があります。

選択肢は多いですが、料金や時間外対応を考えると、保育園がおすすめ。

 

自治体の公式ページで保育園情報を集めよう。

保育園情報は口コミに惑わされず、自治体から正しい情報を手に入れましょう。

空き状況は自治体の公式ページで調べられます。

「〇〇区/〇〇市 認可保育園 空き状況」で検索!

施設の空き状況は自治体により異なりますが、0~2歳クラスは空きが少ないです

しかし、3歳クラス(年少)以上は空きがチラホラあります。

 

自治体では、保育園相談会を実施していることが多いです。(窓口or電話)

ホームページだけでは分からない情報は、直接聞いて疑問を解消します。

 

\保育園相談会で聞いたこと/

  • 保育園激戦区と穴場なエリア
  • 昨年の保育園内定状況。(点数ボーダー)
  • 新設園の情報
  • 認可外保育園の情報
転勤族の妻
転勤族の妻
気になることを全部聞きました。必要書類を整理して、申請。

 

認可外施設も検討する。

保育園が激戦区の場合、認可外保育園も候補にいれましょう。

 

\認可外保育園とは/

  • 保育料が高い分、空きが出やすい。
  • 認可保育園申請の際、加算となる。
  • 早朝や時間外に柔軟に対応してくれる。

保育料が高い分、預けやすいメリットがあります。

 

認可外保育園へ申込みをしたい場合、直接施設へ連絡します。

引っ越し先の保活については、こちらで詳しく紹介しています。

 

一時保育を利用し、子供と離れる準備。

専業主婦で娘とずっと一緒だった頃。娘が先生達に懐くか心配でした。

保育園でミルクや食事が取れなかったら、どうしよう…。

 

そこで、定期的に一時保育を利用。親子共々、準備をしました。

 

実際に利用した一時保育得園は

  • 1時間:1,000円(入会金あり)
  • 利用制限:限度なし
  • 利用方法:空き情報を確認し、ネット予約。
転勤族の妻
転勤族の妻
仕事が決まるまで、週1~2回のペースで利用をしました。

 

保育園生活は、月日と共に慣れる。

\1日の流れ/

  • 8:30 預ける
  • 9:00 室内or外遊び
  • 11:30 お昼ご飯(弁当持参)
  • 12:30 お迎え

 

一時保育当日。

玄関で私がいなくなると号泣する娘に、もらい泣き。

やっぱり子供を預けて働くのは、無理かな…。と罪悪感でいっぱい。

 

心配しながらお迎えにいくと

先生
先生
娘ちゃん、最初は泣いてましたが、すぐ落ち着きましたよ。お昼も完食して、ミルクも全部飲みました。

一時保育で娘の様子を聞いて、肩の荷が下りました。

「娘も頑張ってるから、私も頑張ろう。」仕事探しにパワーを注ぎました。

 

その後、仕事が見つかり、働くことへ。

転勤族の妻
転勤族の妻
何度か引っ越しを経験し、今も働いています。あっという間に、娘は小学生へ。

不安はありましたが、働いて良かったです。

 

【転勤族妻のお仕事】子供がいても働ける

転勤があると、同じ会社で長く続けられません。

 

それでも、引っ越し先で働くことはできます。

また、「完全在宅ワーク」なら、引っ越しに怯えずに働ける。

 

\転職活動のポイント/

  • 一時保育で子供と離れる練習
  • 保育園探し
  • 転職サイトをフル活用

知らない土地で働くことで、いろんな会社を経験。

それが「ゆるキャリ」に繋がります。

 

今は週に2~3回のテレワーク勤務。

子供がいても仕事を探して、かけがえのないものを手に入れました。

 

\仕事を始めようと思ったら/

  • どんな職種の仕事をしたい
  • フルタイム、時短?
  • 出社、在宅ワーク?

自分の希望条件を書き出してみると、知らなかった自分に出会えます。

 

あなたが思う、理想の働き方とは?

早速、希望求人を探してみましょう。

ABOUT ME
きさらぎ
人事歴7年、1次面接官の経験から転職ノウハウを発信。正社員、契約社員、派遣社員を経験し、働き方を学ぶ。心に余裕のある暮らしを目指し「在宅ワークを中心」に働いてます。単身赴任&ワーママの悩みに向けて、体験談ブログを更新中!