フルタイム

【ワーママ転職】事務職ってどんな仕事?実際に働いた体験談を紹介

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

ワーママが事務職に転職したい。

 

  • 営業ノルマに追われる。
  • 家に帰ってからも、仕事。
  • 急なトラブルに巻き込まれる。
  • 定時に帰れない。休めない。
友達
友達
ずっと営業で、限界。心に余裕のある仕事をしたい。事務ってどうなの?

 

営業で働いている友人から、子育てと仕事の両立に悩み、転職の相談を受けました。

私は今まで人事や総務ばかりの、事務職人間。周りからよく聞かれる仕事内容を紹介します。

 

正直、単調な仕事ばかりで「やりがいを感じれない時」もあります。

しかし、子供が出来てから「働きやすさ」という点では、ピカイチ。

 

\事務の仕事内容/

  • デスクワーク中心で在宅しやすい。
  • 仕事のプレッシャーが少ない。
  • 突発的なことが起こりにくい。
  • 毎日同じ、ルーティンワークが多い。

定時に帰りやすくて休みやすい、子育てママにはピッタリな仕事。

 

\この記事で分かること/

ワーママブログ
ワーママブログ
事務職の仕事内容や探し方が気になる人に向けて、私の体験談を紹介します。

【ワーママ転職】事務職のメリット・デメリット

具体的にどんなお仕事なのか、紹介しますね。

事務職のメリット

\まとめると/

  • 同じルーティンワークが多いので、慣れやすい。
  • PC作業が多く、OAスキルが上がる。
  • 未経験でも始めやすい
  • 残業が少なく、定時に帰りやすい。
  • 休日出勤が無く、土日休みが多い。

接客業や営業職など、事務未経験の人の転職が多い。

 

契約社員や派遣社員など、部署の補助ポジション。

マニュアルや同じ仕事をしている人が周りにいるので、慣れやすい。

 

自分のデスクで黙々と仕事をして、周りから頼まれ仕事を処理していきます。

ワーママブログ
ワーママブログ
緊急な対応がなく、ほぼ残業無しで帰れてます。保育園のお迎えに時間通り行けて、助かる。

 

仕事のノルマが無い分、心が穏やかです。

働いている時より、イヤイヤ期の息子を相手にしている方が疲れます…。

 

事務職のデメリット

\まとめると/

  • 仕事のやりがいを考えると辛い。
  • 他の職種に転職しにくい。
  • 雑用や頼まれごとが多い。
  • 女性が多く、派閥ができやすい。

事務職は誰でもできる仕事が多く、自分のスキルを高めることは難しいです。

募集要項でも、契約社員や派遣で多い求人。

 

将来の安定を考え、勉強をして資格を取り、専門職の正社員へ転職した友人もいました。

 

「事務仕事が合う、合わない」は本当に分かれます。

ワーママブログ
ワーママブログ
単調仕事が好きで、続けられています。迷ったら、一度やってみるのも手。

 

【事務職の種類】ワーママにおすすめな働き方

どんな会社でも、庶務仕事をする人はいる。求人票でよくある内容を紹介しますね。

一般事務

会社でよく見かける庶務業務全般をこなします。

\具体的には/

  • 電話、メール対応
  • 来客者対応
  • コピー、印刷
  • 郵便物回収、配布
  • ファイリング、書類整理
  • 支払い関係など

 

会社で作業仕事が多く、いろんな事を同時進行。

他の部署とのやり取りがあり、接客業のような一面も。

 

契約社員や派遣社員が多く、分からないことは聞き合って、乗り越えます。

 

営業事務

会社でも忙しい部門。急な対応が発生しやすいです。

 

\具体的には/

  • 電話、メール対応
  • 見積書、請求書発行
  • プレゼン資料作成
  • 郵送関係
  • 経費精算
  • 物品管理など

会社によって、業務量の差が大きいです。

 

営業職は外回りや出張が多く、なかなか会えない。

事務職が職場に残り、電話対応や必要な書類対応をします。

 

突発的な対応や残業があるので、転職する前に職場の状況は要チェック。

 

医療事務

病院やクリニックでよく見かけるお仕事で、契約社員や派遣社員が多い。

 

\具体的には/

  • 電話対応
  • 受付
  • 会計
  • レセプト業務など

病院の場合、土日祝休みが多いので、カレンダー通りに働きやすい。

 

また、クリニックの混雑状況により、仕事の忙しさに差があります。

応募する前に、病院の情報を確認しておくのがおすすめ。

 

【事務職の仕事内容】ワーママ転職に向けて

仕事のやり方は会社によって異なりますが、求められることは割と一緒です。

OAスキル「Excel・Word」を使うことが多い。

面接でもよく聞かれますが「PCを使えるかどうか」は大事です。

 

\仕事内容の例/

  • データ入力(紙の内容をデータ化)
  • 資料の手直し(過去の物を今年バージョンへ)
  • エクセルで集計、グラフ作成
  • 名簿作成など

1日中、PCをカタカタ・・・。肩こりが酷くなります。

 

自分の世界に集中できると、あっという間に1日が終わることも。

ワーママブログ
ワーママブログ
PC作業が苦手でなければ、黙々と続けられる仕事です。

 

電話やメール対応はマストです。

電話やメール対応は事務職の基本的スキルといえます。

\よくやる仕事内容/

  • 代表電話を受ける
  • 頼まれ電話をかける(社内・社外)
  • 代表メールの確認、返信。

職場の窓口的存在なので、一旦受けるという仕事。これが苦手という人も多い。

 

新卒時代、電話がとても多く、受話器を見るだけで辛かったです。

ワーママブログ
ワーママブログ
電話対応を減らしたい時、求人票で電話対応件数をチェック。

今の職場は電話対応が少なめ。

事務仕事は幅が広いので「自分の好き、嫌い」を知っていると条件を絞り込みやすいです。

 

雑用が多いので、何でも屋の精神が大切。

部署のアシスタント的なポジションが多い、事務職。

\頼まれごとの例/

  • 資料印刷、発送。
  • 会議室準備、片付け。
  • 郵便仕分け、配布。
  • 出張費の清算など。

単調な仕事が多い分、いかに毎日を乗り越えるか工夫が必要です。

 

他の部署の契約社員や派遣社員と関わることが多い。

いろんな人の名前を覚えたり、雑談をするなど楽しみを見つけています。

 

【働き方を見直す】ワーママが事務職になりたい時

今の仕事は無理って時。働き方を見直すのも、選択肢の1つ。

おすすめの働き方は在宅ワーク。

子持ち女性に助かる「在宅ワーク」。事務職でもテレワーク可能な会社が、増えてきました。

\在宅ワークとは/

  • 自宅で仕事が出来る(出社なし)
  • 家のPCやWi-Fiを利用することが多い
  • 電話やメール対応、PC作業など

家で仕事だと、通勤&休み時間に家事が出来る。

 

転職活動中、友人が在宅ワークで働いているのを知り、衝撃。

「月に1回の出社」が羨ましく、私も憧れるようになりました。

 

子育てママ
子育てママ
今の生活に合った働き方、見つけていきましょう。

 

時短で仕事量をセーブする。

そもそも、フルタイム勤務が無理。働く時間を減らすことも、考えてみましょう。

 

\仕事をセーブするため/

  • 時短勤務
  • 単調業務
  • 在宅ワーク
  • 残業少なめ

 

どんな働き方だと、この先仕事を続けられるか。

子供の成長や家庭状況に合わせて、キャリアを見直すのも手。

 

時短や残業少なめ、女性にとって働きやすい職場

私は以前、女性が少ない会社で働いており。

保育園の呼び出しで休みが多く、仕事を続けるのが大変でした。

 

\例えば/

  • 職場の女性の人数
  • 産休や育休の取得率
  • 時短勤務(何才まで可能か)
  • 子育て女性支援制度など

転職したい会社の情報を、会社のHPで確認するのは大事です。

 

求人票で情報が分からない時、転職サイトのスタッフさんに聞いてOK。

入社してから、「思ってたのと違う…」と違和感を感じないよう。

ワーママブログ
ワーママブログ
気になる疑問は、応募前に確認しておきましょう。

 

転職サイトを活用するメリット。忙しいワーママの味方

実際に転職を経験して、1人では内定を得られませんでした。

転職サイトに助けられたので、メリットを紹介しますね。

自分に合う求人を見つけやすい。

膨大な求人情報から、自分に合う会社を探すのは一苦労。

子どもを寝かしつけた後、フラフラの体でPCカタカタ…辛い。

 

\転職サイトを利用するメリット/

  • 希望条件を伝えて、求人探し。
  • 自分では見つけられない会社が知れる。
  • 職歴から合う会社を提案してくれる。

 

私は1人で検索するのに限界を感じ、担当者さんにお任せしました。

譲れない条件を伝え、週に1回チェック。

ワーママブログ
ワーママブログ
紹介された求人も、断ってOK。自分が働きたいかを大事にしました。

 

応募書類を作成するのが楽。

転職サイトを使わず、会社に直接応募した時。

\企業求人に直接応募/

  • 会社ごとに、応募書類のフォーマットが違う。
  • 担当者あてにメールで送信。
  • 返事が来てないか、受信ボックスを何度もチェック。

 

深夜に応募書類を作り、寝不足。1社ずつ対応するパワーない。

あまりにも書類作成が大変で、途中でリタイアしました…。

 

転職サイトの場合は、最初に「履歴書・職務経歴書」を入力しておけばOK。

ワーママブログ
ワーママブログ
添削サービスもあるので、活用できることは何でもしましょう。

 

企業との面接調整がスムーズ。

転職サイトを使うと、企業との調整も楽です。

職場で何度も休みは取りにくいので、効率よく転職活動をすすめたい。

 

\面接が決まるまで/

  • 面接可能な曜日、時間を伝えておく。
  • 企業と直接やりとりをしてくれる。
  • 面接候補日をもらう。
  • 面接日決定。

 

数社に応募していると、やり取りだけでも時間がかかる。

担当者さんが直接交渉してくれるので、面接候補日が決まるのを待つだけで楽。

 

ワーママブログ
ワーママブログ
同じ日に面接をまとめたい時は、事前に言っておくと配慮してもらえます。

 

【事務職求人】ワーママにおすすめの転職サイト

実際に求人はどうやって探すのか?具体的な方法を紹介しますね。

【正社員】doda

長く働きたい「正社員」なら、業界大手のdodaがおすすめです。

在宅ワークだったら、自分の時間を活用できて助かる。

 

実際に求人を探す時は、公式サイトへいき。

 

「詳しい条件で求人を検索」→「キーワード」の欄に。

  • OA事務
  • 一般事務
  • アシスタントなど

希望条件を入れると、企業の求人が表示されます。

 

また、心に余裕がない時、紹介してもらう方法が楽。

dodaのスタッフさんに希望や勤務時間を伝え、良い求人があれば教えてもらいました。

 

1人で大変な採用活動。協力してもらえることは、頼みましょう。

\正社員求人をチェック/

dodaに登録

転職体験談
転職体験談
全て無料で利用できるので、登録しておいて損はないです

 

【時短正社員】リアルミーキャリア

正社員のまま「時短」で働きたい人にはリアルミーキャリアがおすすめ。

\特徴/

  • 求人は東京23区内、大阪市内がメイン
  • 時短(6~7時間)の正社員
  • 週5日勤務
  • 求人は個別に案内(検索機能はなし)

リアルミーキャリアの求人はエリアが限定されますが、通える人にはチャンス。

 

\利用の流れ/

  • 登録
  • アドバイザーと面談
  • 求人紹介
  • 内定サポート
  • 応募書類の添削、面接練習あり。

 

リアルミーキャリアのスタッフさんと二人三脚で、仕事を見つけます。

転職市場で時短求人は少ない。探してもらえるのは、助かる。

 

\時短正社員になりたい人は/

リアルミーキャリア

転職体験談
転職体験談
子育て中でも正社員のキャリアを積めます。利用は無料。

 

【派遣】リクルートスタッフィング

リモートワークの普及により、在宅勤務OKの派遣会社も増えました。

派遣で働くなら業界大手で求人が多い、リクルートスタッフィングがおすすめ。

 

求人を探す時は、公式サイトへいき。

リクルートスタッフィング

 

「お仕事検索」→「職種」→「オフィスワーク・事務」にチェックしてください。

希望の求人が表示されます。

 

リクルートスタッフィングで企業情報を見ることで

  • 勤務時間
  • 給与
  • 仕事内容
  • 最寄り駅など

働くイメージ、リアルに持てます。

 

困ったときは、何でも聞いてみることがおすすめ。

求人相談だけでもOK

リクルートスタッフィング

転職体験談
転職体験談
登録や利用は無料自分のエリアの求人を探しましょう。

 

【まとめ】ワーママ転職 事務職の体験談

\仕事内容/

  • デスクワーク中心で在宅しやすい。
  • 仕事のプレッシャーが少ない。
  • 突発的なことが起こりにくい。
  • 毎日同じ、ルーティンワークが多い。

定時に帰りやすくて休みやすい、子育てママにはピッタリな仕事。

 

仕事と家事&育児の両立は大変なので、少しでも楽な働き方を取り入れたい。

\転職活動を始めたい/

  • どんな職種の仕事をしたい?
  • フルタイム、時短?
  • 出社、在宅ワーク?

自分の希望条件を書き出してみると、知らなかった自分に出会えます。

 

あなたが思う、理想の働き方とは?

早速、希望求人を探してみましょう。

ABOUT ME
きさらぎ
人事歴7年、1次面接官の経験から転職ノウハウを発信。正社員、契約社員、派遣社員を経験し、働き方を学ぶ。心に余裕のある暮らしを目指し「在宅ワークを中心」に働いてます。単身赴任&ワーママの悩みに向けて、体験談ブログを更新中!